デジイチはじめました

百里や入間の自衛隊機、狭山丘陵の鳥たちをメインに撮影しています

4/25 軽井沢野鳥の森

軽井沢にも夏鳥が入り始めたとの事で、さっそく行って参りました。

昨年は4/26に行きましたが、その時と比べると気温は高かったものの

木々の芽吹きは遅れているようです。

現着は7:20ごろ、まずはドングリ池方面へ進みました。

森へ入ってすぐカケスと遭遇。

D500-1066.jpg

暫く撮っていると、警戒心の強いカケスには珍しく

こちらへ向かって飛んできて、すぐ横の木にとまりました。

距離こそ近いものの思いっきり逆光で撮影は断念。

コルリポイントへ行くと何羽か鳴いていますが遠く、こちらも撮影は断念しました。

ドングリ池→アカゲラ休憩所→ミソサザイ休憩所と進んでいくと

アオゲラの声があちこちで聞こえてきました。

D500-1067.jpg

繁殖シーズンに入り、雄雌で追いかけっこの最中だったようです。

アオゲラの様子を伺っていると、何か飛んできて近くの枝にとまりました。

D500-1068.jpg

おぉ、キビタキです。

あちらから来てくれるとはラッキー

D500-1069.jpg

明らかにこちらを認識しているにもかかわらず、囀っています。

ひとしきり囀るとほかの木へと飛んでいきました。

ミソサザイの沢へと降りていくと、クロツグミやヤブサメの声が聞こえてきます。

ちょっと距離があるので休憩所の方へと歩いていくと、同業者がお二方なにかを探していました。

ご挨拶をして話をお聞きすると、サンショウクイがいるとの事。

さっそく探してみます。

D500-1070.jpg

かなり高い場所にいましたが、なんとか撮影できました。

ここではオオルリやセンダイムシクイの声も聞こえていたのですが

サンショウクイを撮っている間にいなくなってしまったので先へ進むと

突然、目の前からミソサザイの大きな声が聞こえてきました。

びっくりして探しますが見つかりません。

それもその筈、少しばかり遠くを探していたのですが

まさに目の前、ほんの5mほど先の枯れ木の先にとまっていたのです。

D500-1071.jpg

ここからは彼の独壇場でした。

D500-1072.jpg

目の前のソングポストで囀り続ける事、およそ6分。

人間のことなどまるで目に入らないかのように朗々と歌いあげました。

た~っぷり楽しませてもらい、もう帰ってもいいかなというぐらい満足したのですが

オオルリ、コルリ、クロツグミが撮れていないので2周目に入ります。

日も上がってしまいコルリの声はまったく聞こえません。

クロツグミはまだ少ないのか、2か所で声を聞いただけです。

キビタキ休憩所近くではアカゲラたちが追いかけっこ。

D500-1073.jpg

あちこち飛び回るので、なかなか撮れませんでしたが証拠写真程度はなんとか。

オオルリの声はミソサザイの沢で聞いただけでしたので、もう一度戻ってみると

沢の反対側にいるのを何とか撮影に成功しました。

D500-1076.jpg

これも証拠写真ですね。

ここからは番外編。

今回は昨年と違い動物たちの姿を見る事ができました。

特に活発に動いていたのがニホンリスです。

別々の場所で4回ぐらい見かけました。

D500-1074.jpg

この写真の左上に巣があります。

他にも1か所巣を見つけました。

この森にはムササビ用の巣箱が何か所かかけてあります。

D500-1075.jpg

夜行性のムササビですが、すぐ近くで鳥たちが騒いでいたせいか顔を出しました。

これからGWぐらいが探鳥のベストシーズンですが、ここは日本有数の観光地。

滅茶苦茶多くの人が来て渋滞は凄いし、とても撮影どころではないのでパス。

また来年かな。

  1. 2017/04/26(水) 14:03:20|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

4/19 早戸川・金沢林道

もうオオルリが渡ってきてるようなので行ってきました。

オギノパン(丹沢アンパンや揚げパンで有名)の所で曲がっていったら

あそこって夜間通行止めだったのね。(7時から通行可)

仕方なく412号線に戻ってやまびこ大橋を渡るコースで迂回しました。

湖畔のパーキングに車をとめて、いざ出発です。

さっそくオオルリの声が聞こえてきますが、だいぶ高い場所にいる様子。

センダイムシクイも同様に高い梢をちょろちょろしているようです。

先へ行くとヤブサメの声が聞こえてきました。

これも藪に隠れていて、なかなか姿が確認できません。

そうこうするうちに路上をちょろちょろと歩く鳥を発見。

どうせホオジロだろうと思いつつ、ファインダーを覗くとアカハラでした。

ようやくシャッターを切れてホッとしました。

早戸川林道沿いで鳴いているオオルリはみな高いので、早々に見切って先へ進みます。

すると湖側でヤブサメの声がしました。

ちょっと覗き込んだら、ちょうど目線とほぼ同じ高さの枝に!

慌てて構えましたが、シャッターが切れたのは2回のみ。

空抜けだった事もあって、D500を持ってしてもピンが来てませんでした。

金沢林道の起点まで来ると、300m先土砂崩れのため通行止めの表示が。

とりあえず行ってみる事にしました。

コンクリートの防護壁があった場所ですが、見事に崩れています。

ただ、道路の端は1人分通れそう。

というわけで先へ進みます。(あくまで自己責任でお願いします)

だいぶ進んだところでオオルリ発見!

D500-1061.jpg

鳴いてなかったので見落とすところでした。

どんどん上へ行ってしまったのですが、茶色い鳥が1羽近くに飛んできたのでペアだったのかもしれません。

200mほど進んだところで、再びオオルリを発見!

D500-1062.jpg

こちらも鳴いてなかった。

暫く見ていたら、もう1羽現れました。

縄張り争いの勃発です。

ここに及んで、ようやく囀り始めましたが何だか声が弱い。

お互い近くまで来るもののキビタキのように激しく絡む事もありません。

D500-1064.jpg

ある場所を中心に周囲の枝へと飛び移っていきます。

D500-1065.jpg

近くをライバルが通ったので振り返りました。

この後も特に変化がないので、先へ進みます。

舗装部分が終わった所から、さらに数百メートル行ってみましたが鳥の気配が薄かったので引き返しました。

縄張り争いしていたオオルリも1羽だけになったようです。

土砂崩れ地点を超えたところで、すぐ近くでオオルリが鳴きました。

慎重に近づき探します。

なんと5m先ぐらいの超至近距離にいました。

ガードレールに隠れていてお互い認識してませんでしたが、今は正面から向き合ってます。

相手が逃げないので、ゆっくりカメラを構えてみました。

遠い距離にピントが合っている状態から至近距離に合うまで長い事、長い事。

ディテールがはっきりしてきて、ほぼピンが来たという所で飛ばれました。

大、大、大チャンスだったのに最悪です。

膝の裏も痛くなってきたし、これで諦めて駐車場に戻りました。

来週もう一度行くか、それとも軽井沢へ行くか、どちらにしても夏鳥再チャレンジです。

  1. 2017/04/19(水) 19:22:25|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

4/12 埼玉県こども動物自然公園

午後からは、こども動物自然公園のコアラに会いに行ってきました。

先月初めて顔を出したとの事で、もしかしたら……。

道の駅おがわまちからは約15kmほどの道のりです。

途中、自分たちの食事をすませ、13時からのユーカリの交換に間に合うように行きました。

平日という事もあって駐車場はガラガラです。

さっそくチケット買ってコアラ舎へ……の前に、入場口に近い展示スペースにいるシマウマから。

D500-1054.jpg

亜種ハートマンヤマシマウマという種類のシマウマでレッドリスト記載種です。

続いてキリン。

D500-1055.jpg

アミメキリンですね。

2頭で何を話しているのでしょう?

お隣の馬房と運動場を見たら、いよいよオーストラリアの動物たちがいる東園へ。

多摩動物園ほどではありませんが、上り坂を歩いて端まで行くのはきついです。

ユーカリの交換が始まる少し前に到着。

展示場の中に入ると

D500-1056.jpg

おぉ~、近い、近い。

1頭を除き、みんな寝てましたが、ガラス間近の木に寝てる子もいます。

ユーカリの交換が始まると、みんな起きて動き始めました。

D500-1057.jpg

子供の顔を見たいと、暫く粘ってみたものの出てくる気配なく諦めました。

背中に摑まるようになったら、また会いに来ましょう。

D500-1058.jpg

こちらはシマオイワワラビー。

昨年生まれの子ですが、もうすっかり大きくなりました。

シマオイワワラビーは国内では、ここを含め3ヵ所でしか飼育してないそうですよ。

東園からぐるっと時計回りに進んでいきます。

ペンギンヒルズに入りたかったのですが、鳥インフル対策で入れず無念。

隣のプーズー舎へ。

プーズーは世界最小のシカです。

D500-1059.jpg

2月に生まれた子が元気いっぱいに走り回ってました。

子鹿らしく、ちゃんと白い班がありますね。

ラストはレッサーパンダ。

D500-1060.jpg

どこの動物園に行っても大抵寝てるんですが、ここの子たちはちゃんと起きてました。

いやぁ、歩いたなぁ……なんて思っても、カウントは1万歩ちょっと。

日頃あまり歩いてないのが出るなぁ。

  1. 2017/04/19(水) 18:28:23|
  2. 動物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

4/12 カタクリとニリンソウの里

先週の休みに小川町のカタクリとニリンソウの里へ行ってきました。

気温の高い日が続きカタクリがまだ咲いているか微妙な状況ですが

ここはまだ大丈夫……とは言うものの、前日に降った雨で花が傷んでしまったのは残念です。

まずはお隣にある西光寺へ。

お寺の東側にもカタクリの群生地があるのですが、こちらはもう花期が終わっていて

綺麗に咲いているのは数株といったところ。

そのままカタクリとニリンソウの里へ進みました。

最初に目に入ってきたのは可愛らしい花をつけたニリンソウです。

D500-1050.jpg

まだ若干早いのか2輪咲いている株は少ない感じ。

D500-1051.jpg

そんな状況でこれだけ咲いているのですから、最盛期は凄いんでしょうねぇ。

奥へ進むとカタクリもたくさん咲いていました。

D500-1052.jpg

カタクリとニリンソウがもう少し近くで咲いてくれると絡めて撮れるのですが……。

今年はお花見にも行けずにいましたが

すぐ脇を流れる槻川沿いや道の駅おがわまちに植えられた桜が綺麗に咲いていました。

D500-1053.jpg

午後の部に続きます。

  1. 2017/04/19(水) 17:16:53|
  2. 植物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

4/5 北本自然観察園

冬鳥シーズンも終盤となり、最後のチャンスとベニマシコ狙いで出掛けました。

駐車場から園内へ入るとすぐビオトープがあり、そこではシジュウカラが盛んに囀っています。

鳥の声に誘われて思わずビオトープへと進みました。

足元で何か動いた気がして振り返ると

D500-1044.jpg

アオジが1羽で採餌中だったようです。

もう仲間たちは北へ移動してしまったのでしょうか?

シジュウカラたちが忙しく飛び回る中を抜けて森へ入りました。

そこではツグミ、カケスの姿を見ましたが、意外と人が多く撮影できません。

カケスの様子を伺いながら森の中を進んでいくと休耕地がありました。

見渡すとオスのキジがいます。

暫く様子を見ているとお立ち台に。

D500-1045.jpg

すぐ母衣うちをしてくれましたが、撮り損ないました。

ここからビオトープを戻り、高尾の池へ。

ちょうどあずまやがある辺りで何やら撮ってる人が数名います。

挨拶して聞いてみるとベニがいるとの事。

自分も端に入れてもらい撮影開始です。

D500-1046.jpg

枝被りが……。

D500-1047.jpg

なかなか厳しい。

D500-1048.jpg

隙間からなんとか……。

D500-1049.jpg

背中側もようやく撮れました。

この後、桜堤、北里の森と歩きましたが成果なく、早々に撤収です。

  1. 2017/04/05(水) 16:04:33|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11

| ホーム |