デジイチはじめました

百里や入間の自衛隊機、狭山丘陵の鳥たちをメインに撮影しています

1/17 渡良瀬遊水地

渡良瀬遊水地にコミミズクを撮りに行ってきました。

というか、実は今年に入って3週連続で通ってます。

4日は飛び始めて5分もしないうちに強風が吹いて終了。

10日は早い時間に飛び始めた1羽は、あっという間に遠くへ行ってしまい

日没30分程前になって、やや遠くで飛び始めましたが

撮影条件が悪くなっていく時間帯だったのでパスして帰宅。

そんなわけで17日は3度目の正直で、ぜひとも撮影したいところ。

そこで、今回はちょっと撮影場所を変えました。

ところが天気予報とは違って、けっこうな風が吹いています。

それでも風がやむ事を願って準備を済ませ待ちました。

すると14時を30分ほど過ぎた頃、急に風がやみ1羽のコミミズクが現れました。

ところがまたも風が吹き始め、せっかく出てきたコミミズクも土手に降りてしまいます。

そのまま粘っていると風が弱くなり、別の方向からコミミズクが1羽現れました。

D500-969.jpg 

対岸の土手を飛んでいるので、100m近くあるでしょうか?

それでも贅沢は言えません。

暫くすると最初に出てきたコミミズクも飛び始めました。

D500-970.jpg 

いつの間にか上流側にも飛んでいます。

どうも、この辺りだけでも3羽のコミミズクがいるようです。

こうなると近くを飛んでくれるのを待つだけ。

D500-971.jpg 

日没まで撮りまくります。

D500-972.jpg 

一番大きく撮れた時でこれぐらい。

距離にして40~50mぐらいでしょうか?

D500-973.jpg 

こちらを確認しながら、ある程度距離をとって飛んでいるようです。

D500-974.jpg 

川の両岸にギャラリーがいるのですが

この日は左岸寄りに飛ぶことが多かったですね。

自分は光線を考えて右岸にいたので、ちょっと残念でした。

D500-975.jpg 

それでも何度も飛んでくれたので、たっぷり楽しませて貰いましたよ。

D500-976.jpg 

この時期の川沿いなので、背景がごちゃついているのは勘弁してください。

D500-977.jpg 

こうして時折なにかを見つけてはダイブしてましたが

獲物がとれたのは確認できませんでした。

この後、また風が吹いてきてコミミズクの姿が見えなくなったので撤収しました。

最後におまけ。

D500-978.jpg 

10日、帰る直前にやってきたハイイロチュウヒのオス。

アップした写真はいずれも大きくトリミングしていますが

どの写真も同じサイズにトリミングした後、縮小していますので

なんとなく距離感はつかめるかと思います。


  1. 2017/01/19(木) 21:27:00|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

1/4 渡良瀬遊水地

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

2017年最初の撮影は、友人の鳥撮りに乗っかって渡良瀬遊水地です。

朝一番は塒から餌場へ向かうハイイロチュウヒとチュウヒを狙うべく

第一、第二、第三調整池の接する場所に三脚を構えました。

D500-959.jpg 

日の出から30分ほど待ちましたが、残念ながら現れたのは1羽のみ。

一度、車へ戻り仕切り直しです。

重い三脚を置いて、一脚を持って第一調整池を歩く事にしました。

友人のリクエストは猛禽とベニマシコ。

望み通り現れてくれるでしょうか?

まずは水路沿いを歩きましたが

ホオジロやカシラダカ、ツグミぐらいで赤い鳥は姿を見せてくれません。

水路を離れ左手へ進むと小さな池がいくつか見えてきました。

最初の大きな池には、カイツブリぐらいであまり鳥がいません。

次の池は茶色に濁っているのですが、なぜかこちらの方が鳥がいます。

中でも目立っていたのは1羽だけいたミコアイサのオス。

D500-960.jpg 

何羽かメスもいましたが、決まったお相手がいたようです。

お目当ての鳥を探して、どんどん歩いていきます。

ゴルフ場を過ぎた辺りで後から何か飛んできました。

チュウヒでしたが、そのまま遠くへ飛び去ってしまいます。

北エントランスから鷹見台へ続く道まで歩いてきました。

葦原浄化施設の上を飛ぶチュウヒを見つけたので

一休みしながら、こちらへ飛んでくるのを待ちます。

D500-961.jpg 

下を向き、翼を浅いV字に広げる特徴的な飛び方をしています。

警戒心の強いチュウヒはなかなか近くを飛んでくれません。

この時もあっという間に遠くへ行ってしまいました。

鷹見台方向へ歩いていくと2羽のオオジュリンがお食事中。

D500-962.jpg 

葦の茎を器用に割って中にいる虫を食べます。

さらに歩くとチュウヒが現れました。

D500-963.jpg 

これは比較的近かったです。

D500-964.jpg 

近くの木にシメがいたのでこちらも撮影。

赤い鳥を探して、さらに歩いていくとジョウビタキのオスがいました。

D500-965.jpg 

シルバーヘアーが凛々しいジョビ男くん。

歩道の手すりと地面を往復して餌探しをしていました。

距離を詰めても逃げないフレンドリーなジョビ男くん。

飛び出しを撮ろうと友人と二人でシャッターを切りまくります。

そうこうしているうちに歩道がなくなり、ジョビ男くんも奥へ行ったのですが

……なんとこちらへ戻ってきました。

D500-966.jpg 

お尻ふりふりご機嫌な様子。

たっぷり楽しませてもらいジョビ男くんを見送りました。

赤い鳥はどこかな?と歩いていると、目の前を赤い鳥が飛んでいくのを見つけました。

目を離さないように見ていると15mほど先に降りました。

水路の下の方へ入ったようで姿が見えません。

暫く待っていると、すぐ前に出てきました。

D500-967.jpg 

慌ててシャッターを切りましたが、撮れていたのは2コマだけ。

しかも微妙にブレてます。

結局ベニマシコを見たのは、この1回きりでした。

4時間ほど探鳥し鷹見台へ戻ると、もうヘトヘト。

ちょっと早い食事をとって休んでいると

D500-968.jpg 

ハイイロチュウヒのメスが飛んできたので、慌てて手持ちで撮影しました。

この後しばらく休んで、再び三脚を持って本命場所へ移動です。

一昨日は13時頃から飛び始めたとの事でしたが、14時を過ぎても飛びません。

それでも14時半を過ぎたころ、我々からはかなり離れた場所に現れました。

……が、なんと5分も経たないうちに突然強い西風が!

これでは飛びません。

暫く様子を見ましたが風が弱まる気配がないので撤退しました。

本命は次回以降へと持ち越しです。

昨年も一昨年も撮ってないので今年は絶対に撮りますよ。



  1. 2017/01/05(木) 21:53:25|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

| ホーム |