デジイチはじめました

百里や入間の自衛隊機、狭山丘陵の鳥たちをメインに撮影しています

11/26 百里基地航空祭(特別公開)タキシング・地上展示機編

特別公開は要チケットという事で、かなり自由に基地内をまわる事ができます。

今回は基地内に入ることが出来たので、地上展示をゆっくり見たり

出店をまわってみたりといった航空祭本来の楽しみを味わってきました。

午前中は上りを撮るべく北側エンド付近に陣取ったのですが

この場所だと着陸機が目の前を転がってくるんですよね。

日頃、転がりを撮らないので降りてくるまで気がつきませんでした。(^^;)

そんなわけでオープニングフライトとビッグフォーメーションを終えた

オジロ(第302飛行隊)のF-4EJから。

D500-893.jpg 

僚機が降りてくるまでエンドで待ってました。

D500-894.jpg

オジロがこちら側、ペッカー(第501飛行隊)がウエストランウェイを

タキシングしてエプロンへと戻っていきました。

D500-895.jpg 

機動飛行を終えたゴールデンイーグル(第306飛行隊)のF-15Jイーグル。

D500-896.jpg

予備機として来ていたイーグルのPさんは若い方でしたが

こちらはベテランの貫禄が。

D500-897.jpg

私たち誘導路脇のギャラリーにお手振りサービスしながらタキシングしていきました。

D500-898.jpg 

AGGデモフライトを終えたオジロのF-4EJファントムII。

D500-899.jpg

こちらもお手振りサービスです。

D500-900.jpg 

救難隊のU-125Aはサイドの監視窓から隊員さんがお手振り。

D500-901.jpg 

午前の〆はブルーインパルス。

D500-902.jpg

キャノピー開けてくれませんでしたっけ?

D500-903.jpg

両手を振って大サービスしてくれました。ヽ(´∀`)ノ

午前の飛行展示が終わったのでエプロンへ移動しました。

D7100-904.jpg 

1985年に新田原基地へ移動してから31年。

再び百里基地に戻ってきたケロヨン(第301飛行隊)のF-4EJファントムII。

D7100-905.jpg

小牧基地第401飛行隊のKC-130Hハーキュリーズ。

水色の機体はイラク派遣された証です。

派遣終了後に給油能力を付加されましたが、カラーリングはそのままですねぇ。

D7100-906.jpg

ペッカーのRF-4E(左)とRF-4EJ(右)。

電源車がついていたので、午後のフライトはこの2機かと思いましたが

別の機体が実施しました。(^^;)

D7100-907.jpg

今回、三沢基地第3飛行隊のF-2Aは地上展示のみ。

帰投時のパフォーマンスに期待したいところですが

航空祭本番は翌日なので、残念ながらこの日は見る事が出来ません。

D7100-908.jpg

洋上迷彩のRF-4Eは今年も戦術偵察を見せてはくれませんでした。

この他、第404飛行隊のKC-767、陸自のAH-1、AH-64Dなどが展示されていました。


  1. 2016/11/29(火) 13:34:00|
  2. 自衛隊行事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

11/26 百里基地航空祭(特別公開)

百里基地創立50周年記念航空祭の前日特別公開を見てきました。

入場にはチケットが必要なので、さほど混まないかと思って

ゆっくり出掛けて行ったら大失敗。

思いの外入場に時間がかかり、滑走路北エンドの駐車場に到着した時には

既にオープニングフライトが始まってました。

車を降りるとすぐに第501飛行隊のRF-4EがTACデパーチャーを実施。

続いて第302飛行隊、第301飛行隊もTACデパーチャーを実施しましたが

凄かったのは新田原基地から移転してきたばかりの第301飛行隊。

エンド付近まで引っ張る事なく他の部隊より低空で左右に分かれていきました。

間もなく先行して上がっていた機体が5機編隊で航過。

ここまで駐車場から見送り、場内バスに乗って会場へと向かいます。

今まで何度となく訪れている百里基地ですが、

航空祭を基地内から見るのは初めてで勝手がわかりません。

とりあえずエプロンまで行かずに誘導路脇の通路に陣取りました。

ここで準備を済ませビッグフォーメーションを待っていると

D7100-876.jpg 

洋上迷彩のRF-4Eを先頭にした傘型隊形で航過しました。

せっかくなので、他の隊形も見せて欲しかったのですがワンパスで終了。

D500-877.jpg 

各機コンバットブレイクで着陸です。

D500-878.jpg 

筑波山をバックに着陸滑走してきたRF-4E。

D500-879.jpg 

高速で進入、レフトターンと同時にエアブレーキを展開しました。

F-4のエアブレーキは、あまり見る機会がないと思いますが

主脚格納庫の後ろ側、フラップとの間にあります。

D500-880.jpg 

あまり転がりは撮らないのですが、せっかく誘導路が近いので今回は多めです。

第501飛行隊の3機はウエストランウェイをタキシングしていきました。

ファントムが戻ると小松から来てくれたF-15Jイーグルが機動を実施します。

こいつの狙い目は離陸直後のライトターン。

飛行パターンは事前訓練できっちりチェック済みです。

D500-881.jpg 

一番おいしい所は500単じゃ長すぎて撮れませんでした。(;д;)

あとは反対側に捻って、お腹ばかりなので適当に撮ります。

最後のコンバットピッチはこちらに捻りますが

すぐにエアブレーキを展開するので、自分としてはイマイチのれません。

案の定、捻ると同時にエアブレーキが展開されました。

次はF-4EJによるスクランブル→AGGのデモンストレーションです。

事前訓練を見た時には、301、302の両部隊1機ずつが担当しましたが

今回は第302飛行隊の2機で実施されるようです。

最初はレフトターンなのでノンビリ追ってたんですが

進入コースが滑走路に対して斜めだったので

自分から見るとほぼ正面から突っ込んでくる形で大迫力!

D500-882.jpg 

大トリミングの写真をアップしてみます。

どうでしょう?これならPさんからもHUDの照準越しにこちらが見えてる筈です。

けっこう低い高度まで突っ込んでくると、引き起こして一気に離脱していきます。

D500-883.jpg 

引き起こすと同時に翼面にヴェイパーが盛大に出てました。

AGGが終わると救難隊の出番です。

ここは数カット押さえたら、のんびり腕を休ませながら見学です。

ふと気がつくと、だいぶ人が増えてきました。

次はブルーインパルスのフライト。

やはり人気がありますね。

ここでは5番機のローアングルキューバンに狙いを絞り

SSを1/125にセット、露出を調整し万全の構えで待機します。

まずダイヤモンドテイクオフ&ダーティータンで軽く練習し

さぁ、いよいよソロ機の離陸です。

D500がもっとも得意とするこのシチュエーション。

何枚かは拾えたかなという感じだったのですが、帰宅後画像をみて愕然としました。

滑走路からの放射熱や先行機の排気熱が残っていたのでしょう。

ブレ以前にピントがまったく合っておらず、1枚も使えませんでした。(゚д゚)

さて1区分でスタートしたブルーのフライトでしたが

急速に雲が広がっており、雲のない北側を中心にして課目をこなしている状態です。

遂には4区分へ移行してしまいました。

D500-884.jpg 

シングルクローバーリーフターン。

D7100-885.jpg 

そして入間の予行でも見たオポジットトライアングル。

ローリングコンバットピッチ、コークスクリューで終わりかと思ったら

最後に早めのクリスマスプレゼントがありました。

D7100-886.jpg 

久しぶりに見ました、クリスマスツリーローパス。

ほんとは正面から見ないとイマイチな課目なんですが、これぐらいならヨシ。

D7100-887.jpg 

今回は着陸後のタキシングも撮っちゃいました。

これで午前は終了となり、午後のフライト開始まで2時間半ほどあります。

腹ごしらえをしに出店エリアへ移動してみると

結構混んでいたので先に地上展示を見る事にしました。

エプロン北側は第302飛行隊のファントムと第306飛行隊のイーグル。

ケロヨンが無いなぁ…と南へ進むと中央にイーグルとファントムが並んでいます。

D7100-888.jpg 

手前から第204飛行隊のイーグル、第302飛行隊、第301飛行隊のファントム。

その向こうに第305飛行隊のファントム!?同じくイーグル。

なるほど50周年記念だからか。

※第204飛行隊は1985~2009年まで百里基地所属

※第305飛行隊は1978年F-4EJ5番目の部隊として百里基地で発足

 その後1993年にF-15J/DJに機種改編し今年8月に新田原基地へ移動

第305飛行隊のファントムは第301飛行隊の機体を部隊マークだけ変えたものだそうです。

今回、50周年という事で特別塗装機を期待していたのですが

許可がおりなかったのか記念マークだけで誤魔化されちゃいました。( ノД`)

フライトを終えたブルーが明日のフライトに向け整備されています。

D7100-889.jpg

一通り見終わったところで食料を確保し、エプロンの端っこで一休みです。

食べ始めて間もなくRF-4Eのエンジンがスタート!

あれ?時計をみると13時半。

急いで食べて撮影場所へ移動しました。

とりあえずタックデパーチャーが撮りたかったので

午前の場所より100mぐらい下がって待ちかまえます。

エンジン音が大きくなり、予想どおりフォーメーションで上がってきました。

カメラを構え追っていきます。

まだか?まだなのか?早く、早くブレイクしてくれ!

D500-890.jpg 

くっ、あんな先まで引っ張られてしまった。

これだと駐車場の中から撮らないとダメですね。(ノ_<)

それでも、結果的にこの場所はそこそこアタリだったようで

D500-891.jpg

何度か背中を見せてもらえました。

最後はF-4EJの機動飛行です。

AGG同様に事前訓練では、301と302の両部隊から1機ずつでしたが

こちらも第302飛行隊から2機が担当してました。

D500-892.jpg 

事前訓練から、お腹ばかりで背中は撮れないだろうと思っていたのですが

何度か背中をみせて飛んでくれてラッキーでした。

明日が本番なので帰投がなく、これで飛行展示は全て終了です。

シャトルバスで駐車場へ移動し基地の外へ出るまではスムーズだったのですが

北門を出てすぐに車列の最後尾についてしまい県道360号に出るのが大変でした。

高速道路も混んでましたので、結局いつもの倍ぐらい掛かって帰宅。

まぁ、それでも日曜日の一般公開よりは全然楽させてもらいました。


  1. 2016/11/27(日) 19:14:00|
  2. 自衛隊行事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

10/30 岐阜基地航空祭

岐阜基地航空祭へ行ってきました。

今年も基地内には入らず、南側からの撮影です。

1時に出発して中央道をひた走り、5時半ごろには現着しました。

昨年は午前博物館の駐車場、午後田んぼと移動して撮影しましたが

今回はホッケースタジアム横のグラウンドで1日通しました。

8時半からのオープニングフライトでは、T-4、F-15DJ、F-4EJの3機がひと暴れ。

D500-864.jpg 

3機がおりると、UH-60JとU-125Aがあがり救難デモが始まりました。

小牧基地の救難教育隊によるデモですが、後で見たらU-125Aは初号機でした。

 ※U-125A(52-3001)

救難デモの間は雑談タイムです。

あれこれ盛り上がり、あっという間に時間が過ぎました。

さて次は、同じく小牧基地第401飛行隊のC-130Hによる航過機動デモです。

D500-865.jpg 

日頃、あまり気にかけないハークですが、こうやって見るとなかなか格好いい。

横田のハークはローカルでもこのぐらい捻るから、たまには撮りに行こうかな?

ハークのデモが終わり、そのまま小牧へと帰投。

次は小編隊か……なんて思っているとT-4が1機上がりました。

そのままダウンウインドレグに入り、ゆっくり戻ってきます。

ん?なんかおかしいな。そう、岐阜基地によく来てる方ならピンと来たでしょう。

エアボーンピックアップです。

林の向こうからXC-2が姿を現し、慌ててカメラを構えました。

軽々と上がってきましたが、この日の離陸重量は90tとの事。

最大離陸重量が140tオーバーのXC-2にとっては余裕なのでしょう。

D7100-866.jpg 

無線も聴いてなかったので、まさにサプライズでした。

次は小編隊です。

それぞれ軽く機動を実施した後、恒例の加速競争です。

今年は F-2 vs F-4、そして F-2 vs F-15 の2ラウンドが行われました。

1ラウンドはF-2が余裕の勝利、これはエンジン設計の新旧もありますが

ターボジェットのF-4とダーボファンのF-2ではエンジン特性の違いも大きいです。

もっと高い高度でマッハ1からだったら、もしかしたらF-4が勝つかも。

2ラウンド目は接戦ながらF-15が勝利したようです。

D500-868.jpg 

小編隊による航過、機動が終わるとF-2とF-15が1機ずつ残り

引き続き空中給油デモが始まりました。

D7100-867.jpg 

デモが終わるとKC-767は、そのまま小牧基地へと帰投し

F-2とF-15は着陸しました。

午前の部、トリを務めるのはPACAFのF-16CMによるアクロバットフライトです。

岐阜の航空祭で飛ぶのは初めてなのではないでしょうか?

自分が見るのは8月の千歳以来となります。

D500-869.jpg 

相変わらず、速い、遠い、高い、小さい、と

撮影には難しい相手ですが見るのは最高ですね。

空自はブルーインパルス以外、ループを自粛してますが

こうやって許可が出るのなら、ぜひ機動飛行ではなくアクロをやってほしいものです。

さて、午後の大編隊まで約2時間あります。

本来なら基地内の展示でも見るべきなのでしょうが、ここからではそうもいきません。

持ってきたパンを齧りながら雑談をして時間をつぶしました。

予定の時刻になると次々に飛行機が上がってきます。

C-1が1機、T-4が4機、F-4が3機、F-2が2機、F-15が3機

全部で13機もの航空機が参加してのデモフライトです。

D7100-870.jpg 

最初はデルタ編隊。

D500-871.jpg 

次は傘型編隊。

D500-872.jpg

フォーメーションを組みなおす間に1機ずつ機動飛行を行って繋ぎます。

D500-873.jpg

最後に星型編隊で航過するとC-1FTBがピッチアウトし機動を行いました。

D500-874.jpg

全面ピカピカの銀ちゃん。

晴れの舞台に合わせ隊員さんたちに磨いてもらったのでしょうか?

ラストはエシュロンからのオーバーヘッドアプローチ。

D500-875.jpg

大トリは銀ちゃんがソロでオーバーヘッドアプローチを実施。

航空祭の閉会まではもう少しありますが、飛行展示が終わったので帰宅しました。

今年の飛行展示は南会場で見ている来場者へ、かなり配慮されていたようです。

来年は基地内に入ってみようかな。


  1. 2016/11/01(火) 23:30:00|
  2. 自衛隊行事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

| ホーム |