デジイチはじめました

百里や入間の自衛隊機、狭山丘陵の鳥たちをメインに撮影しています

10/16 エア・フェスタ浜松2016

当初、中央観閲式の総合予行に行くつもりでしたが

予定を変更して浜松基地へ行ってきました。

例年、入間基地航空祭のあとに開催されるエア・フェスタ浜松。

航空祭巡りは入間で終了し鳥撮りへ、というのが自分の中での流れなんですが

今年は開催時期が早まってくれたおかげで初参戦となります。

そんなわけで撮影ポイントを決めるべく入念にリサーチ。

それと駐車場も。

友人から有力情報を貰って、当日無事に駐車場を確保。

撮影ポイントまでは徒歩で移動しました。

8時半のオープニングは地元浜松基地所属のT-4練習機です。

D500-856.jpg 

垂直尾翼に描かれたチェッカーの下に入った帯が

ブルーは第31教育飛行隊、レッドは第32教育飛行隊の所属機となります。

オープニングフライトが終わると、いよいよ飛行展示の開始です。

まずは先月行った静浜基地から2機のT-7が飛来。

D500-857.jpg 

まるでダンスでも踊っているかのような優雅なフライトでした。

続いて岐阜基地のF-4EJです。

D500-858.jpg 

くっ、速度差がきつい、追従が遅れがちになります。

D500-859.jpg 

ちょっと遠かったので、大きくトリミング。

74年登録のお爺ちゃんですが、頑張ってました。

次は更にスピードのあるF-2です。

D500-860.jpg 

予行は洋上迷彩のF-2Bだったらしいですが、本番はテスターカラーのF-2A。

D500-861.jpg 

高い旋回性能を活かして縦横無尽に飛び回ります。

このところ短時間しか行われない機動飛行ですが、比較的長めにやってくれました。

機動飛行が続きましたが、ここでひと息。

第602飛行隊のE-767の航過飛行です。

D500-862.jpg 

旅客機には興味がない自分ですが、旅客機ベースの軍用機は結構好きだったり。

E-767が降りると、いよいよF-15Jの機動飛行です。

小松基地より2機のイーグルが飛来し、鮮やかに左右にブレイク。

単機で来るとばかり思っていた自分は意表を突かれ、撮り逃してしまいました。

D500-863.jpg 

自分の立ち位置が悪く良いシーンは撮れないまま終了。

この後、救難、そして9機のT-4による大編隊と続きますが

体調が微妙だったのと渋滞を嫌って、ここで帰宅しました。

案の定、東名高速で1か所事故が発生していて

危うく渋滞にはまるところでしたが、僅かに詰まる程度で通過。

この後、さらに2か所で事故が発生し大渋滞となったようです。

駐車場まで歩く間に救難のU-125AとUH-60Jは見たし

駐車場を出た所で富士山を模したT-4の大編隊が通過。

浜松インター付近を走っていると正面からダイヤモンド隊形の大編隊が通過。

図らずも、大編隊は見れてしまいました。

ブルーは入間か百里までお預けです。

さぁ、つぎは岐阜だ!




  1. 2016/10/18(火) 13:12:00|
  2. 自衛隊行事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

10/1 立川防災航空祭

今回はじめて立川防災航空祭に行ってきました。

またしても天気予報が悪く直前まで様子見です。

当日朝の予報でも雨予報ですが、実際には曇り。

いつも頼りにしているGPVの予報でもこの後は雨が上がるようなので

開場時刻は少し過ぎますが出掛けることにしました。

地元とも言える立川。

5時間半も掛かる小松とは違います。

現地で友人と合流しエプロンへ向かって歩いているとエンジンスタート。

D500-843.jpg 

目の前をOH-6Dがゆっくり通過。

先頭まで移動すると、残る14機のヘリコプターが後に続き離陸していきました。

オープニングセレモニーに続き陸上自衛隊第1音楽隊による演奏が始まります。

D500-845.jpg 

少し時間が押したせいか演奏が終わる前に大編隊が上空にやってきました。

D500-844.jpg 

音楽隊が退場すると、本来はパラシュート降下なのですが

天候が悪いため残念ながらキャンセル。

暫くすると大編隊が戻ってきました。

D500-846.jpg 

今度は航過せず、それぞれ定められた位置へ着陸します。

D500-847.jpg 

第1師団第1飛行隊のUH-1Jが降りてきました。

続いて東京女子体育大学の新体操演技ですが

撮影NGという事で写真はありません。

というか招待者席を向いて演技しているうえに

演技内容がまったくわからない事もあって

シャッターを切るに切れなかったというのが本音です。

300mm単焦点しか持っていかなかったしね。

さぁ、いよいよお待ちかねの飛行展示です。

まずはAH-1Sから。

D500-848.jpg 

珍しく2機で実施されました。

続いてAH-64Dアパッチ・ロングボウ。

D500-849.jpg

何度も背中を見せてくれて楽しめました。

最後に「防災」航空祭らしく災害救助活動展示が行われます。

これは自衛隊、消防、警察が連携しての展示で

自分が知る限りではここ立川でしか見る事が出来ないのではないでしょうか。

観測ヘリOH-6Dによる現状把握が行われると

即座に消防庁、警視庁のヘリが出動。

同時に陸上からも支援が行われます。

D500-850.jpg 

警視庁のヘリが到着、ただちに隊員が降下。

D500-851.jpg 

消防庁も負けていません。

D500-852.jpg 

次々に要救助者が救出されていきます。

地上では火災が発生したようです。

D500-853.jpg 

ユーロコプターAS365N3ドーファンIIの胴体下部に装着された

タンク(ファイアアタッカー)から大量の水が放水されました。

D500-854.jpg 

続いてUH-1Jが吊り下げたバンビバケットから放水します。

消防庁と陸上自衛隊の素早い連携によって無事に消火できました。

この間に陸上からの救助も終了したようです。

これで飛行展示がすべて終了しました。

この後、体験搭乗や米陸軍音楽隊、陸自音楽隊の演奏が行われ、15時に閉会です。

D500-855.jpg 

地上滑走という名目ですが、けっこう高く上がってますね。

乗りたいけど開門時には受付終了という人気の高さ。

1時間ぐらい前ならギリ乗れますかねぇ?

結局、帰投もしっかり見てから帰宅しました。

やっぱ近いと楽ですねぇ。

天気さえ良ければ、次も近いです。w



  1. 2016/10/04(火) 12:28:00|
  2. 自衛隊行事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

| ホーム |