デジイチはじめました

百里や入間の自衛隊機、狭山丘陵の鳥たちをメインに撮影しています

8/7 千歳基地航空祭

昨年、悪天候に泣かされた千歳基地航空祭。

今年はギリギリまで航空券を購入せずに天気予報と睨めっこ。

いよいよ大丈夫だろうという事で6時台の便に空きがあったジェットスターで行ってきました。

6時5分発の便だと5時35分に搭乗締切りとなるうえに

LCC専用の3タミは2タミから歩かなくてはなりません。

駐車場の心配も若干あったので2時に家を出ることにしました。

予定通り2時間弱で成田に到着し、第2駐車場へ行くとスカスカです。

しかもラッキーな事に連絡通路近くのスペースが1台分空いてました。

2タミへ渡り、ここから3タミまで600m歩きます。

それでも4時にはチェックインカウンター前に到着しました。

WEBチェックインが上手くいかなかったのでチェックイン機で搭乗券を発券し

カウンターで受託手荷物を預けて、保安検査場へ向かいます。

ところが、こちらは4時半オープン。

まさかの足止めでした。

保安検査をパスして搭乗口でしばし休憩です。

朝一の便がこちら。

D7100-799.jpg

ジェットスターのエアバスA320-200です。

座席指定はしてあったのですが、カウンターで非常口の席へ無料で変更できると言われ変更しました。

これは朝早く行ったご褒美というものですね。

さて、搭乗口が閉まり定刻通りの出発です。

34Rから上がって霞ヶ浦上空を過ぎると、にわかに雲が出てきて下が見えなくなりました。

昨年の嫌な思い出が頭をよぎります。

しかし北海道の上空に差し掛かると雲が晴れてきました。

サークリングアプローチから19Lへ着陸です。

D7100-800.jpg

千歳基地は準備万端のようですね。

8時15分発の快速エアポートで南千歳駅へ移動し、シャトルバスで基地内へ。

荷物検査も待ち時間なしでスムーズに通過。

9時のオープニングに間に合いました。

救難隊のデモが終わると、F-2によるAGGデモです。

D500-803.jpg

こちらは単座型のF-2A。

D500-802.jpg

そして、こちらが複座型のF-2Bです。

そういえば第3飛行隊のデモは初めて見ました。

続いて第203飛行隊のF-15Jによる機動飛行です。

D500-805.jpg

他の基地ではエプロン(観客席)側に捻ってくれる事は殆どないのですが

ここでは何度も背中を見せてくれます。

D500-804.jpg

飛びっぷりが素晴らしいだけに、逆光なのが残念でした。

この後は、千歳基地所属の全機種による航過飛行です。

救難隊→第701飛行隊(政府専用機)→第201飛行隊&第203飛行隊の順で航過しました。

D7100-801.jpg

F-15は2部隊混成で8機、そして2機のT-4を加え10機編隊で2回パスしてくれました。

午前のラストはPACAFのF-16CMによるデモフライトです。

D500-806.jpg

縦横無尽にグルグル回る回る。

D500-807.jpg

スピードも速いこと。

このデモフライトは以前から見たかったうえに昨年見損なったんで

やっと今年見る事が出来て嬉しかったです。

さて、午後からブルーインパルスのフライトがあるのですが、自分はここで帰らなくてはなりません。

帰りの便は13時55分。

思いっきりブルーの飛行時間に掛かってます。

他の飛行機も待たされるので遅れるんだろうな。

とはいえ、搭乗時間の30分前の締切りは厳守。

1時間半前にはターミナルに戻りました。

13時を過ぎると、南から雲が広がってきます。

間もなく搭乗開始というところでブルーが上がりました。

D7100-808.jpg

演技中どんどん曇ってきて、けっきょく第5区分でのフライトだったようですね。

D7100-809.jpg

こちらも予定の時刻にボーディングブリッジを離れたものの誘導路は大渋滞。

ブルーインパルス待ちで、10機ぐらい詰まってました。

成田では横風のなか34Lへ着陸。

定刻かと思いきや予定のスポットが空かず、誘導路で15分以上待機させられちゃいました。

D7100-810.jpg

まぁ、それでも無事に到着。

渋滞もさほどなく2時間ほどで帰宅できました。

次は小松だ!

  1. 2016/08/09(火) 19:09:00|
  2. 自衛隊行事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

7/27 小松基地

もう1週間経ってしまいましたが、日米共同訓練が行われた

小松基地へ行ってきた時の様子をアップします。

狙いはもちろんアメリカ空軍嘉手納基地から来たF-15Cイーグル

そして6月に新田原から移動となったアグレッサーのF-15DJイーグルです。

訓練初日となった火曜日は、8時には上がったとの事だったので2時に出発。

途中休憩を一度取っただけで走った結果、7時を少し過ぎた辺りで小松に到着しました。

風がなくアクティブランウェイが分からなかった為、空港ターミナル近くのコンビニで待機していると

民航が南へ上がっていきます。

南寄りの風も吹いてきたので、あらかじめ予定していたポイントへ移動しました。

すぐにタワーからクリアランスがあったので急いで準備を済ませます。

まず306SQが上がってきました。

じゃあ、次はZZかな?と思っていると

D500-789.jpg

上がってきたのは203SQと303SQの機体です。

続いて救難隊のU-125A。

D500-790.jpg

2機ある洋上迷彩のうち、新しい方のタイプですね。

初めて見ましたが見慣れた水色の機体と違って、ずいぶん格好良く見えます。

そうこうしているうちに朝一上がった306SQが戻ってきてT&G。

何度も繰り返してくれたのですがショートクローズで上がってしまい

ちょうど撮りやすい所まで来たのは一度だけでした。

まさかこれで1st終わり?と思っていると何か上がってくるようです。

コールサインを聞き逃したので、とりあえず用意して待っていると

上がってきたのはアグレッサーでした。

小松の撮影ポイントは午前中逆光なので、ここは証拠程度に押さえておきます。

これで1stの上りは終了なのでしょう。

新体制での小松は初めてなので、正直ローカルのスケジュールがよくわかりません。

次に上がってきたのは303SQです。

という事は、ここから2ndが始まったのかな?

続いて上がったのは306SQですが、なんか急にガバガバ捻り始めました。

D500-791.jpg

相変わらず逆光なので、せっかく近くで捻ってくれても撮れません。

それでも、さすが小松だなぁ……なんて思っていたのですが

次に上がってきた機体を見て、理由がわかりました。

D500-792.jpg

ZZキタ――(゚∀゚)――!!

午前のDACTは 306SQ vs 44FS&67FS のようです。

それにしても米軍さん、ちょっとはサービスしてよ。

この後、オーバーヘッド狙いで移動するも、予想よりも引っ張られてしまい撃沈でした。

午前はこれで終了です。

天候も回復し、太陽も回ってきました。

そこで突っ込みも狙える場所へ移動する事に。

午後一で上がってきたのは303SQです。

D500-793.jpg

午前よりもずいぶん早めに捻ってくれました。

D500-794.jpg

以前も撮りましたが、背中に赤丸がついた機体。

近代化改修の対象外となっている古い機体にデータリンクを搭載する為のテスト機です。

テスト機といっても機体そのものは実際に運用しているわけですが。

303SQに続くのはアグレッサー。

D500-795.jpg

最初の2機はいい場所で捻ってくれましたが

後続の2機はとんでもない場所で捻った為に、ここではお腹になってしまいました。

あれが撮れたら、凄かったんですが……。

さて、この後ハイレートがありそうなんですが、やっぱりオーバーヘッドが撮りたくて移動する事に。

移動中、先にあがった303SQが4シップエシュロンでRTBしてきました。

マジか、もう5分早く移動してたら間に合ったのに。

こうなったらアグレッサーに賭けるしかありません。

待っている間に3編隊が上り、そのうちの1編隊は予想通りハイレートクライム。

くぅぅぅ~、あれを見送ったんだからオーバーヘッドやってくれよ。

間もなくタワーに入感。

アグレッサーはオーバーヘッドアプローチらしい。

4シップエシュロンで進入してきました。

D500-796.jpg

ちょっと近すぎるけど、まぁいいでしょう。

これ以上は、自分が海上に出ないと撮れませんから。

満足したところで、先程のポイントへと戻ります。

2ndで上がった306SQのT&Gが終わると、いよいよ3rdの開始。

翌日の仕事を考えると16時半には帰る必要があり、時間的にギリギリです。

まずは303SQです。

これまでの上りから考えて立ち位置を下げて待ち構えると

4機目がついにやってくれました。

D500-797.jpg

続いてZZが上がります。

D500-798.jpg

1機目は早い捻り、2機目は真っすぐ、3機目はゆる~く捻っていきました。

なかなか上手くいきませんね。

これで時間いっぱい、急いで帰途につきました。

次に来れるのは航空祭の予行かな。

  1. 2016/08/02(火) 13:23:43|
  2. 飛行機|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

| ホーム |