デジイチはじめました

百里や入間の自衛隊機、狭山丘陵の鳥たちをメインに撮影しています

4/30 埼玉県民の森

予約分で初期生産分は完売と言われていたD500ですが

どうやら少量ながら各店在庫があるらしい。

ただ、在庫がなくなったら地震の影響で次回入荷は6月以降とか。

そんな情報を見ているうちに欲しくなってきちゃって、連休初日に池袋へGo!

店員さんに「残り2個」とか言われて買っちゃいました。

本当は初期ロットはやめて夏頃買うつもりだったのになぁ。

一通りセッティングを済ませ、さっそくフィールドに持ち出してみました。

いざ、埼玉県民の森へ。

県民の森へ入って管理道路を降りていくと、キビタキの囀りが聞こえてきました。

ちょっと遠い感じだったので姿を探しつつ待っていると

ラッキーなことにこちらに近づいてきます。

D500-768.jpg

逆光で厳しい状況でしたが、これでボウズはなくなりました。

さらに進んでいくとオオルリの囀りが聞こえてきます。

慎重に距離を詰めましたが、姿を見る前に飛ばれてしまいました。

かなり遠くへ行ってしまいましたが、戻るルート方向で囀っています。

他に鳴き声も聞こえてこないので上へ登りましたが

結局、姿を確認することは出来ませんでした。

管理事務所の方へ行こうと、そのまま上がっていくとキビタキの囀りが聞こえてきます。

D500-769.jpg

なんとか順光側へ回り込みましたが距離がちょっと……。

管理事務所の裏から林道まで降りていく途中で、何やらガサガサ音がします。

D500-770.jpg

そっと覗いてみるとクロツグミのメスが出てきました。

暫くすると、奥からオスも飛んでいったので番だったようです。

今になって見てみると雄雌の判別は出来ませんが若鳥のようですね。

近くでヤブサメも鳴いてましたが、こちらは確認できませんでした。

林道に出て鳥を探しながら駐車場へ歩きます。

キビタキの囀りに足を止めると、アオゲラが鳴きながら飛んできました。

D500-771.jpg

逆光厳しぃ~。

キビタキの方は近づいてくる様子がないので、また歩きます。

駐車場までもう少しという所でキビタキを見つけました。

しかし、このままだと逆光です。

知らんぷりして木の下を通り過ぎてみました。

少し奥へ行ってしまいましたが、まだ近くにいます。

D500-772.jpg

こげ茶の羽が残る若い個体ですね。

辺りをぐるぐる移動しながら囀って縄張りを主張していました。

今日はこれで終了です。

D500のAFはさすがに優秀ですね。

D7100に比べてジャスピン率はだいぶ上がった感じがします。

ただバチっと来た時の解像感はD7100の方が上に見えます。

そのあたりは画素数の違いという事でしょうか。

これから使い込んでいきたいと思います。

  1. 2016/04/30(土) 16:24:08|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

4/26 軽井沢野鳥の森

あちこちから夏鳥来訪の便りが届くなか

いよいよ軽井沢野鳥の森も夏鳥たちが渡ってきたとの事。

例年より芽吹きも早いようなので、いまのうちにと行ってきました。

ここまで来たからには、まずはオオルリは絶対押さえたいところ。

コルリもまた撮りたいし……。

というわけで、見つけやすい水路沿いのルートを選択しました。

現在工事中の新しいピッキオ野鳥の森ビジターセンターの前を通り

左手にある森の入り口からドングリ池へ向かって歩きます。

すぐに聞こえてきたのはセンダイムシクイ、そしてキビタキの囀り。

とはいえ、だいぶ高い場所にいるようです。

姿をさがしつつ先へ進むと、コルリの囀りも聞こえてきました。

こちらは更に高い方から聞こえてきます。

う~ん、芳しくないなぁ。

池を通り過ぎ、別のルートに合流しました。

ここで、どちらに向かうか迷って

とりあえずキビタキ休憩所方向へ行って様子を見ます。

う~ん、いまいち気配がないなぁ……よし、戻ろう。

アカゲラ休憩所まで行ってミソサザイの沢へ進みました。

前回は大きな声でミソサザイが囀っていましたが、今回は静かです。

ちょっと時間が早いのかなぁ?……あ、なんか飛んできた!

ファインダーを覗くとクロツグミでした。

全然囀ってませんでしたが、ちゃんと入ってきているようです。

さて、1周しましたが全く写真が撮れません。

ここまで鳥の気配が多かったのは野鳥の森南西側なので

そちらに向かう事にして、まずは通っていないルートを進んでいきました。

ゴジュウカラの声を聞きながら斜面を上がっていくと……キビタキです。

枝かぶりを解消しようと立ち位置を変えると、キビタキがもう1羽現れ縄張り争い勃発。

あっという間に姿が見えなくなってしまいました。

でも、低い場所で2羽のキビタキが見れたのは良い兆候かもしれません。

さらに登っていくとアカゲラがドラミングでアピール中。

D7100-759.jpg

いい具合に日が当たる場所にいてくれました。

そして、コツコツ、コツコツと木を叩く大きな音が。

D7100-760.jpg

ゴジュウカラです。

ちょうど尾の先にみえる白い場所辺りを執拗に叩いてました。

何か急にいい感じになってきたかも。

ここで近くからオオルリの囀りが!

D7100-761.jpg

久々にオオルリ撮りました。

オオルリが戻ってくるのを待っていると、だんだんキビタキが近づいてきます。

そのうち、すぐ横の木の枝にとまりました。

D7100-762.jpg

キビタキが行ってしまってもオオルリが戻ってこないのでドングリ池へ移動。

ドングリ池近くの水場で様子を見ていると、再びキビタキが現れました。

D7100-763.jpg

おぉ、怒ってる、怒ってる。

どうやら近くにもう1羽キビタキがいる模様。

すぐに追いかけて行ってしまいました。

暫く水場を見ていましたが、水浴びする鳥も来ないので移動します。

坂を上がってちょっと開けた場所へ出ると、目の前の木にキビタキがいました。

D7100-764.jpg

こいつ、さっき追っかけっこしてた奴なんじゃ……。

続いて目の前に現れたのはコガラ。

D7100-765.jpg

こちらを全く気にする様子がありません。

そのうち仲間について飛んでいきました。

だいぶ撮れ高もたまりましたので、コルリ狙いで水場を回って帰ります。

まずはミソサザイの沢。

こちらでは声だけで姿は見えず、再びキビタキ休憩所方面から

ドングリ池へ抜けて流れに沿って出口へ向かう事に。

さすがに人が増えてきて、ちょっと無理かなと諦めかけた時に、何か青い鳥が見えました。

D7100-766.jpg

まさかコルリ?……ではなくオオルリです。

これはこれでラッキー!

すぐに流れに降りました。

D7100-767.jpg

だいぶ気温も上がってきたので喉を潤したようです。

コルリは撮れませんでしたが、満足、満足。

まだ11時前ですが、これで帰宅しました。

  1. 2016/04/26(火) 21:56:02|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

4/19 埼玉県民の森

先週の軽井沢に続き、再び夏鳥探索に行ってきました。

軽井沢はまだまだ寒く冬の装いでしたので

今回は木々が芽吹き春の装いとなっているであろう県民の森です。

芦ヶ久保から登っていくと、すでに桜が散り始めてます。

やはり昨年より早いのかな?

例年センダイムシクイがいる辺りで窓を開けると

……「チヨチヨヴィー」1羽だけですが囀っていました。

よし、よし、来てるな。

窓を開けたまま、ゆっくり県民の森へ向かいます。

夏鳥たちの声が聞こえぬまま到着。

準備をして森へ入ると、木立の上を飛び回るイカルが見えました。

しかし下へ降りてくることもなく飛び去ったので管理事務所方向へ。

途中、ヤマガラが3mほどの超至近距離にきたのですが

近すぎてピントが合わず、惜しいチャンスを逸しました。

標高900mの管理事務所から730mの水の広場まで下ります。

記念植樹地を歩いていると現れたのはコガラ。

D7100-757.jpg 

一生懸命に囀っていました。

ケヤキの森の下を歩いていると

沢の方からミソサザイの大きな声が聞こえてきます。

思わず足を止めて聞き入っていると

D7100-758.jpg 

頭上にやってきたのはヒガラ。

こちらも一生懸命に囀っていました。

水の広場から沢に降りて様子を伺っているとミソサザイがやってきました。

しかし、こちらを警戒して近くでは囀りません。

何度か姿を見ましたが、撮影できる距離には来てくれませんでした。

ここは諦めてキャンプ場へ。

キャンプ場から管理道路へ出て戻ろうかと思いましたが

ここでクロツグミの囀りが聞こえてきたので予定変更です。

声を頼りに林間広場を登っていきます。

丸山トンネル近くまで来ましたが、声が聞こえなくなりました。

そのかわりキビタキの囀りが同じ方向から聞こえてきます。

しかし、その方向にはルートがありません。

残念ですが、ここで駐車場へと戻りました。

そのまま帰るなんて事は勿論なくて w

苅場坂峠を経由して正丸へ降りるルートを探索しながら帰ります。

大野峠までに道路に出ていたクロツグミを2羽見かけるも

そこから苅場坂峠までは特になし。

高麗川源流保全の碑の少し手前でオオルリの囀りを聞きました。

因みに、この碑の辺りにはミソサザイがいます。

という感じで鳥撮りの方はいまいち不作でしたが、これは想定内。

今回、メインの500mmのほかに

D60に50mm単焦点をつけて首から下げていきました。

そんなわけで撮れ高を稼いだ結果は……

D60-750.jpg 

ナガバノスミレサイシンでしょうか。

D60-751.jpg 

こ、これは?

D60-752.jpg 

これはエイザンスミレかな?

D60-753.jpg 

う~ん、アケボノスミレっぽく見える。

D60-754.jpg 

……む、難しい。

D60-755.jpg 

フデリンドウも咲いてました。

D60-756.jpg 

カタクリは、日があまり当たらない場所に残ってました。

小さなスミレもたくさんありましたが50mmじゃ寄れず

マクロじゃないと無理ですね。

駐車場の桜は満開から散りはじめぐらいですので

スミレも、もうちょっと楽しめそうです。

GWまでには夏鳥もたくさんやってくるでしょう。

楽しみ、楽しみ。



  1. 2016/04/19(火) 17:56:00|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

4/12 軽井沢野鳥の森

本格的な夏鳥シーズンを前に下見がてら軽井沢野鳥の森へ行ってきました。

気温は1℃、木々はまだ芽吹いておらず冬の装いです。

しかし、森の中ではシジュウカラが元気に囀り

湯川ではミソサザイも囀っていました。

まずは小瀬林道を進み、最初の分岐に入って坂を上がっていきます。

するとシジュウカラの声に交じって聞きなれない声が聞こえてきました。

D7100-742.jpg 

声の主はゴジュウカラ。

「フィー、フィー、フィー」と大きな声で囀っていました。

ムササビ用の巣箱を横目に見つつ進んで行きます。

30mほど先の木の根元からアカゲラが飛び出してきました。

あんな下にいるなんて狭山丘陵じゃ考えられません。

キビタキ休憩所を過ぎ坂を上がりきるとアカゲラの声が聞こえました。

立ち止まって探していると

D7100-743.jpg 

すぐ前の木でゴジュウカラが餌探しの真っ最中。

まるで上から撮ったようですが、間違いなく下から見上げて撮ってます。

さて再びアカゲラを探すといました。

それも何故か地上に。

よく見ると地面に倒れた木をつついて餌を探しているようです。

D7100-744.jpg 

手前に枝がたくさんあるので解像してませんね。

最初に見つけた時はもっと細い枝をつついていたので

地面を掘っているのかと思いました。

アカゲラ休憩所まで進み、一度ドングリ池まで様子を見に行きましたが

池の手前でホオジロを見ただけで空振り。

再びアカゲラ休憩所に戻りミソサザイの沢へ降りました。

沢沿いの道を進むと何羽かミソサザイを見かけましたが証拠写真程度。

小瀬林道に出て入口方向へ歩き、先ほどの分岐まで戻りました。

ここでどうするか迷ったのですが、もう1周してみることに。

ムササビ用の巣箱の辺りではゴジュウカラもいましたが

かなり遠かったので視認したのみ。

D7100-745.jpg 

目の前に現れたのは、おなじみのエナガ。

かなり近くまで来てくれました。

11時近くなって鳥の出も悪くなってきたか

これといって成果もなかったのでミソサザイを撮ろうと沢へ降りました。

さっきは最上流部で1羽鳴いてましたが……。

残念ながら道のない更に上流方向で鳴いています。

ここは粘らず下流方向へ。

ミソサザイ休憩所辺りでも鳴いていたのですが……いませんねぇ。

更に少し下流へ進んだところで

立ち止まって様子をみていると、突然目の前で囀りました。

なんと僅か5、6m先の木にとまっているではありませんか。

慌ててレンズを向けます。

しかし2度シャッターを切ったところで沢に降りました。

D7100-746.jpg 

ち、近い。

あまりに近くてピントが合うか心配になるほどです。

※AF-S 500mm f4Gの最低撮影距離は4m

間違いなくこちらを認識しているのですが気にする様子はありません。

餌探しに夢中になっているようです。

餌を探しながら少しずつ上流へ移動していき

D7100-747.jpg 

いい場所に来ると囀ってました。

そのうち近くにメスがきたのか翼を広げて震わせながらアピール。

D7100-748.jpg 

残念ながらメスが至近距離に来るには至らず、また餌探し。

D7100-749.jpg 

たっぷり撮らせてもらったので、この辺でさよならしました。

再び下流へ降りていきます。

すると小瀬林道に出る少し手前で沢から何か飛び出してきました。

あっ、カワガラス。

慌てて追いましたが、湯川の方まで行ってしまったようです。

まぁ、仕方ありません。

今回はここまでで駐車場へ戻りました。

あと1週間もすれば夏鳥がぼちぼち入ってくるでしょう。

また行ってみたいと思います。


  1. 2016/04/13(水) 22:32:00|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

4/6 所沢市民の森

ヒノキの花粉が舞う中、市民の森へ行ってみました。

いきものふれあいの森センターの前に咲いているカタクリを横目に坂を下り

目的のひとつであるヤマエンゴサクを探しに行きます。

う~ん、ないなぁ……確かこの辺りに

D60-737.jpg

あっ、あった、ありました。

えぇ~、こんなに小さかったっけ?あまり広くない範囲に固まって咲いています。

D60-741.jpg

周囲には同属のムラサキケマンがたくさん咲いているのですが、かなり押され気味。

なくならなければ良いのですが。

次の目標である桜メジロを探しに荒幡富士の方へ登っていきます。

途中、脇の藪から出てきたのが雄のシロハラくん。

D7100-733.jpg

おぉ、まだ居てくれたんだね。

暫く見ていると森の中へ飛んでいきました。

桜の咲いている場所へ着きましたが、ヒヨドリばかりでメジロの姿はありません。

その代わりといってはなんですが

D7100-734.jpg

やっぱり居たのは雄のシロハラくん。

D7100-735.jpg

ずっと動かずにいたらどんどん近くに来て

そのうち手前にある垣根の陰に入ってしまいました。

暫く桜の近くでメジロを待ちましたが、まったく気配がないので荒幡富士へ登ってみました。

D60-739.jpg

西方向には富士山と西武プリンスドームが見えています。

D60-738.jpg

こちらは北東方向に広がる所沢市街地。

マミーマート所沢山口店、その左奥には西友小手指店が見えていますね。

荒幡富士を降りた右手には

D60-740.jpg

ヤマザクラとオオシマザクラが共演していました。

さて、やっぱりメジロがいないので諦めて移動します。

D7100-736.jpg

ここのカタクリはマーキング用の割り箸が刺してあるので

写らないように望遠で狙ってみました。

市民の森は萌芽更新でばっさりやられて以降、どうも鳥が減った感じがします。

今の市民の森は桜が咲いてることもあってヒヨドリ天国です。

ちょっと残念ですね。

  1. 2016/04/06(水) 17:42:19|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

| ホーム |