デジイチはじめました

百里や入間の自衛隊機、狭山丘陵の鳥たちをメインに撮影しています

1/10 第一空挺団降下訓練始め

年が明けて自衛隊最初のイベント「第一空挺団降下訓練始め」に初めて行ってきました。

ここは場所取り争いが激しく、遅くも6時半には現地入りしたいのですが

うちからだと始発で出かけても到着は6時45分頃になります。

車で行くと開門待ちが出来ないし、迷うところです。

ギリギリですが何とかなるだろうと判断し、始発で行くことにしました。

現地に着くとすでに50m以上列が続いています。

歩道に続く列がどんどん長くなっていた事もあって

7時半すぎに手荷物検査場まで列が進みました。

開門時間の8時半に手荷物検査が開始され列が動きます。

3台待機していたバスに乗れるかなと思いましたが、ぎりぎりアウト。

待っている時間が無駄なので、早足で会場に向かいました。

途中、滑走路と書かれたスペースに並んでいたチヌーク。

D7100-700.jpg

奥から2機目は4つ星が掲げられているので、幕僚長の搭乗機となり

同じく3機目は5つ星ですので防衛大臣の搭乗機となります。

会場に着くと最前列は殆ど埋まっている状況。

奥まで行かず僅かに空いていた手前のスペースを確保し、11時の訓練開始を待ちました。

まずは4つ星のチヌークが1機やってきて偉い人が到着。

続いて風向きチェックのためのテスト降下を実施します。

そして第一空挺団長の児玉陸将補自らが最初に降下を開始。

最先任上級曹長、最年少隊員、各部隊長が降下しました。

空挺団のトップや指揮官に交じって最年少隊員が降下するのが面白いですね。

オープニングの降下が終わると、4つ星チヌークが2機、最後に5つ星チヌークがやってきました。

D7100-701.jpg

ものすごい埃を巻き上げて着陸したチヌークから降り立ったのは中谷防衛大臣です。

防衛大臣が到着するといよいよ訓練展示の開始となりました。

まずは高度1400mからの自由降下。

ヘリから飛び降りた隊員がゴマ粒みたいに見えます。

続いて高度320mから本隊が降下を実施しました。

D7100-702.jpg

C-1輸送機が2機。

D7100-703.jpg

そしてC-130輸送機が2機。

10名ずつ繰り返し降下していきます。

昨年に続き島嶼防衛シナリオという事で、P-3C、LR-2が偵察を実施。

偵察部隊が高高度からの自由降下。

続いてC-1、C-130からの降下が行われました。

隊員の降下が終わると攻撃ヘリによる支援が始まり

D7100-704.jpg

後続のチヌークからは偵察用バイクが!

D7100-705.jpg

偵察部隊を掩護するアパッチ。

D7100-706.jpg

バイクを降ろしたチヌークがすごい角度で離陸していきました。

続いて2機のコブラによる航空支援。

D7100-707.jpg

もちろんアパッチも攻撃を継続しています。

D7100-708.jpg

増援はヘリボーンで行われました。

D7100-709.jpg

先行機にはギリースーツに身を包んだ狙撃兵が乗っています。

D7100-710.jpg

ここでハプニング発生!後続機がハードランディングでテールを接触。

うまくリカバリーして事なきを得ましたが、パイロットは後で大目玉を食ったことでしょう。

D7100-711.jpg

ラペリングによる降下も実施されました。

D7100-712.jpg

ここでもアパッチによる航空支援。

そして高機動車も投入され、迫撃砲、榴弾砲の準備が整うと一斉攻撃!

アパッチ、コブラによる航空支援を受けながら

10式戦車、74式戦車を先頭に敵陣へ総攻撃です。

D7100-713.jpg

空砲ながら戦車砲も発射してくれました。

D7100-714.jpg

この総攻撃で見事に島を奪還し作戦終了です。

D7100-715.jpg

最後に中谷防衛大臣のありがたいお言葉を聞いてプログラム終了となりました。

この後、3時まで地上展示があります。

せっかくなので、そちらもきっちり見学して帰宅しました。


  1. 2016/01/12(火) 19:57:00|
  2. 自衛隊行事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

1/4 渡良瀬遊水地

2016年第一弾は渡良瀬遊水地です。

狙いはハイイロチュウヒ塒入りなので、ゆっくり出掛けました。

14時半頃に現着したのですが、なんと車がびっしり。

まぁ、事前情報も特に持ってなかったので車列から離れた所で待つ事にしました。

15時半をまわって、そろそろ……と思っていると

D7100-692.jpg

不意に何かが後ろから頭上を抜けていきました。

D7100-693.jpg

メスのハイイロチュウヒです。

ラッキー!少し先で左へ旋回しました。

D7100-694.jpg

んんっ、惜しい、翼の影か顔に掛かってる。

D7100-695.jpg

まぁ、こんなもんで勘弁してあげましょう。

その後、メスのハイチュウが車列近くに降りましたが

ここからでは逆光のため見てるだけ。

遥か遠くに3羽ほど舞っているのが見えましたが、こちらには来ません。

D7100-696.jpg

16時半をすぎ日も落ちました。

撮影には厳しい明るさですが、双眼鏡で鳥の姿を探していると……。

D7100-697.jpg

いつの間にかオスのハイイロチュウヒが飛んでいるではありませんか。

しかも車列近くを舞っています。

D7100-698.jpg

ぐぉ~、遠すぎる。

D7100-699.jpg

駄目だ、どうにもお手上げです。

この日はこれにて終了。

これは朝方に来るか、別の場所にした方が良さそうです。



  1. 2016/01/05(火) 20:01:13|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

| ホーム |