デジイチはじめました

百里や入間の自衛隊機、狭山丘陵の鳥たちをメインに撮影しています

7/23 埼玉県某所H神社

このところ朝になるとツバメの親子がやってきます

自宅前の電線に来るので、いつも窓から見ては和んでいたのですが

今朝あまり鳴き声がしないので、外を覗いてみたらたくさん来てました (;・∀・)

D7100-116.jpg

写真には5羽しか写ってませんが、実際には他の家族もいて10羽ぐらいいました

もうすぐ独り立ちですね

減っていると言われるツバメたち、来年も無事に帰ってきてほしいものです

さて、今日もH神社のアオバズクを見に行ってきました

夜にライトを照らした不届き者なんかもいたらしく

今年はアオバズクのとまっている位置が高いです

今日も高いうえに枝や葉が被りまくり (ノД`)

D7100-117.jpg

左から ♂親、♀親、子 です

やはり子供は1羽だけでしたね

せっかく巣立ちまでいきましたので、無事南の国へ帰って欲しいものです

激しい枝被りのなか、なんとか隙間をみつけ巣立ち雛を撮ってみました

今日は人も少なかったので、3時間弱粘ってようやくエンゼルポーズをGET!

D7100-119.jpg

うっ、枝が (~_~;)

D7100-118.jpg

まぁ、こんなもんかな



  1. 2013/07/23(火) 13:44:13|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

7/17 埼玉県某所H神社

ちょっと時間が空いたのでアオバズクの様子を見てきました

ギャラリーが増えたせいか、さらに高い場所にとまっています

D7100-113.jpg

先に来ていた方の話によると、この右下に巣立ち雛がいるらしいのですが

葉に隠れてまったく確認できません (~_~;)

昨日1羽巣立って、今日も……と思ったら出てこず

今の所、雛が何羽いるのか確認できていないとの事

そんなわけで、幹の間から何とか見えている親鳥のみ撮影してきました

D7100-114.jpg

定番のエンゼルポーズは見せてくれませんでしたが

なかなか面白い表情が撮れたと思います

D7100-115.jpg

昨年は3羽の雛が巣立ちました

今年は本当に1羽だけなのか……来週また行ってみます

  1. 2013/07/17(水) 20:36:31|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

7/16 狭山丘陵(糀谷八幡湿地→六道山公園)

そろそろカブトムシが出てきたかなと糀谷八幡湿地へ行ってきました

ここは昨年行って蜜場を見つけてますので、まっすぐ向かいます

相変わらず足元からはヒメギスが飛出し

散策路の杭には多くのトンボたちがとまっていました

D7100-106.jpg

オオシオカラトンボの♂です

同種の♂が近づくと激しくアタックしますが

良く似たシオカラトンボが近づいても全く気にしません

さて蜜場の様子はどんな感じでしょう?

頭上からブ~ンと大きな羽音が聞こえてきました

何だ?と上を見るとカブトムシの♂が樹液の匂いに誘われたのか木の周りを飛んでいます

うん、居るなと思いながら蜜場を見ると……

D7100-107.jpg

あれ?……さすがに早すぎましたかねぇ (^_^;)

まぁ、あと1週間もすればゾロゾロ出てくるでしょう

他の蜜場もいくつか見てきましたが、やはり不発でした

そこで今度は六道山公園に移動

特に当てがあるわけではないので適当に鳥を探しながら歩きます

展望台の手前まで来たところで「ホイ、ホイ、ホイ」と鳴いている鳥が!

何だか違和感を感じつつ、暫く聞いていましたが判別できず

そのうち聞こえなくなってしまいました orz

そこに飛んできたのが、この虫です

D7100-108.jpg

いやぁ、美しいですねぇ

とても日本の昆虫とは思えない色彩です

タマムシはこの後もう1匹見かけました

展望台周辺は珍しく団体さんがいらしていたので、岸たんぼ方面へ進みます

宮野入谷戸の手前から尾引山遊歩道へ

するとキビタキの囀りが聞こえてきました

かなり接近できたんですが葉に遮られて、どうしても姿が確認できず泣く泣く諦めました

いったん桜沢へ降りて引き返すと、今度はすぐ近くでホトトギスの声が!

しかも複数いるようです

1羽鳴きながら飛んできたのは確認できましたが、これは距離があってダメ

近くにいるのも大体の位置は掴んでいるものの、やはり葉に遮られ確認できません

暫く探したものの結局見つからず、断念しました orz

今度はルートを変えて展望台方面へ戻ります

すると鳥たちがたくさんいる場所に出ました

ヤマガラの幼鳥

D7100-109.jpg

まだ顔付きが幼いですね

こちらはエナガ

D7100-110.jpg

相変わらず素早く動き回るので撮るのも大変です

そして狭山丘陵にたくさんいるコゲラ♂

D7100-111.jpg

この画像ではちょっと難しいですが

元画像を見ると後頭部に赤い部分が確認できました

最後は、すぐ近くに来てくれたメジロ

D7100-112.jpg

こちらも丘陵のどこでも見られる普通種ですが、好きな野鳥のひとつです

さて今年はまだオオムラサキを見てませんので、そろそろ……


  1. 2013/07/16(火) 21:48:58|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

7/10 埼玉県某所H神社

そろそろ雛が孵化しているのではないかと

H神社にアオバズクを見に行ってきました

現地に着くと数名のバーダーがいらしたのですが、皆さんのんびりムード

親鳥が1羽いるだけとの事で、場所を教えてもらうと

これまた高い場所にとまっており枝被りを避けると撮影場所がかなり限定されます

成程、どうりで皆のんびりしているわけだ

今回はアオバズクに負担を掛けぬよう30分程で早々に撤退しました

昼は休息をとりながら巣を見守っている親鳥も、物音などに反応して目を開けます

D7100-103.jpg

神社の境内には砂利が敷いてあるので人が通ると、そちらを見て警戒します

暫くするとちょこちょこと横移動

D7100-104.jpg

そのまま寝るかと思いきや、伸びや毛繕いを始めました

D7100-105.jpg

アオバズクが移動して見えなくなった為

他のバーダーさんもこっちへ来たら、睨みつけられちゃいました (^_^;)

  1. 2013/07/10(水) 21:20:18|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

7/2 埼玉県某所

先週抱卵していたサンコウチョウに雛が誕生したとの事で見に行ってきました

D7100-96.jpg

巣に♀が座ってますが、脇から雛の顔が出ています

あいかわらず♂は見当たりませんが♀とヘルパーの♂がせっせと餌を運んでました

D7100-97.jpg

雛が目一杯身体を伸ばして餌を貰っています

ヘルパーの♂がトンボを咥えて帰ってきました

D7100-98.jpg

雛は3羽だったのですが、残念なことに先日1羽巣から落ちてしまったそうです

D7100-99.jpg

先週来た時にはヘルパーがあんまり役立ってませんでしたが

今日は大活躍してました

さて昼までサンコウチョウを見た後は、こちらも先月行ったツミの親子を見てきました

既に巣立ちが終わり、巣の周辺で親鳥から給餌されているとの事

D7100-100.jpg

ん、親鳥? 胸に残るハートマーク、間違いなくツミの幼鳥です

あの白い羽毛に覆われていた雛鳥が、すっかり大きくなってました

D7100-101.jpg

こちらが親鳥♀です

D7100-102.jpg

こちらでは親が獲ってきたスズメを食べていました

親に餌をねだる声はまだまだ子供ですね

とはいえ普通に飛びまわってましたから旅立ちの日も間もなくでしょう

  1. 2013/07/02(火) 21:55:36|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

| ホーム |