デジイチはじめました

百里や入間の自衛隊機、狭山丘陵の鳥たちをメインに撮影しています

6/18 狭山丘陵(西久保→北狭山谷)

今日は天気がいまいちなので昆虫狙いです

まず向かったのは西久保湿地

手始めにまずは足元に飛んできたシジミチョウをパチッ☆

D7100-91.jpg

あれ?ヤマトシジミだと思ってましたがツバメシジミのようですね

さて本命のミドリシジミは……う~ん、影も形もありません

先に来ていた方の話によると、今年は発生が早かったとか

それにしても全くいないなんて……残念です

仕方ないので、北狭山谷へ移動しました

さっそく迎えてくれたのはウラナミアカシジミ

D7100-92.jpg

この時間帯はじっとしている個体が多かったです

さて、ここに来たのはトンボたちの様子を見る為だったのですが

……思ったより少ないですね

発生の早いシオヤトンボが一番多く、オオシオカラトンボが少し

1頭だけ真っ赤なトンボがいます……ショウジョウトンボかな?

そして水場の上を悠然と飛びまわっているのはギンヤンマです

D7100-93.jpg

暫く粘って撮りましたが、この程度しか撮れませんでした orz

練習、練習ですね

ここで目立っていたのはキアゲハたち

D7100-94.jpg

湿地なのでセリ科の草があるのでしょうか?

この後、野山北公園に行って先月見つけたアオゲラの巣を見てきました

まだ30m以上あるというのに雛の声が聞こえます

巣穴が見える所まで近づいた時に、中から親鳥が飛び出してきました

ここは巣穴を見る為にはかなり近づかなくてはなりません

なるべく刺激しないよう繁みの脇に座って、じっと待つ事にしました

1時間程経過したところで背後からパキパキ枝を踏みしめる音が近づいてきます

音の主を確かめようと見ているとタヌキが現れました

こちらには全く気付いていません

遊歩道に出てから、こちらを見て初めて気付いて

一瞬固まったあと慌てて逃げていきました w

撮った写真をみたら疥癬で右側の下半身が丸裸

これ以上悪化しなければいいのですが……

さて、アオゲラの方ですが飛んでいってから1時間半経過したあたりで

戻ってきましたが巣には戻りません

さらに15分経過、また戻ってきましたが巣に入らず

警戒しているかと思い、枝被りするものの巣が確認できる位置まで下がります

すると巣穴のすぐ横に親が戻りました……が、やはり入りません

これ以上刺激するのはよくないと判断し撤退しました

写真は撮れませんでしたが、雛たちが元気に育っているようでひと安心

また、そっと様子を見に行ってみます

  1. 2013/06/19(水) 10:16:09|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

9/26 狭山丘陵(北狭山谷)

このところ雨だったり忙しかったりでご無沙汰してましたが

午後から時間が空いたので狭山丘陵へ行ってきました

今日の狙いはアカトンボとカマキリです

まず出迎えてくれたのはマユタテアカネ

DSC_6491sss.jpg

顔面の眉状斑が特徴的ですね

こちらはアキ……ではなくてナツアカネ

DSC_6505sss.jpg

胸の中央下から伸びる黒い模様が真ん中でぶっつり切れています

ここがアキアカネと見分けるポイントになります

そしてこっちがアキアカネ♂

DSC_6501sss.jpg

こっちが♀

DSC_6611sss.jpg

中央の模様が真ん中あたりで細くなりながら上へ続いていっています

この真っ赤なトンボはネキトンボ

DSC_6515sss.jpg

初見でしたので嬉しいです

見た時はジョウジョウトンボかと思いましたが、ちょっと小さい?

それによ~く見ると足が黒いです(ショウジョウトンボは赤い)

こちらも真っ赤になったコノシメトンボ♂

DSC_6520sss.jpg

♀はあまり赤くなりません

DSC_6577sss.jpg

ノシメトンボとの見分け方は胸の模様

ノシメトンボは3本黒い模様が真直ぐに伸びますが

コノシメトンボは中央と後ろ側の模様が繋がります

またコノシメトンボの♂は成熟すると胸部まで赤くなります

というわけで今回は5種類のアカトンボを撮影できました

さてカマキリはというと、緑色型、褐色型ともにたくさんいました

みんな似たような写真になるので変わった場面だけ貼ります

お見合い中

DSC_6648sss.jpg

カップル成立

DSC_6535sss.jpg

産卵

DSC_6551sss.jpg

この時期でもう産卵しているんですねぇ

そして、ここからは番外編

まずはオンブバッタ

DSC_6497sss.jpg

褐色型の♀に緑色型の♂が乗ってます

それにしてもこの♀大きくないですか? (~_~;)

続いてセスジツユムシ♂

DSC_6570sss.jpg

細い体に長い脚、プロポーションのよい体型が羨ましいです

こちらはクダマキモドキ♀

DSC_6616sss.jpg

クダマキとはクツワムシの事

最後はトンボで締めるとしましょう

アオイトトンボ♂

DSC_6604sss.jpg

アオイトトンボ♀

DSC_6617sss.jpg

♂♀ともにメタリックな輝きが美しいトンボですね

  1. 2012/09/26(水) 19:14:19|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

8/11 狭山丘陵(糀谷八幡湿地)

今日は「午後から雨」の予報にビビって近場へ (^_^;)

お盆休みスタートとはいえ土曜日だし、やっぱ人が多いと嫌だなぁ

というわけで、敢て人のいなさそうな場所をチョイスしました

現地着8時頃でしたが誰もおらず独り占めです ( ̄ー ̄)ニヤリ

さっそく迎えてくれたのは沢山のシオカラトンボとオオシオカラトンボたち

でも今日はいいや w

まずターゲットとしたのは

DSC_5101sss.jpg

足元に咲くカタバミの花を目当てに舞うヤマトシジミと

DSC_5102sss.jpg

ベニシジミです

遅い時間に行くと翅を拡げてくれないので、今日はいいチャンスでした

そして足元を跳ねる虫たち

オンブバッタ♀

DSC_5107sss.jpg

まだ♂が乗っかってませんね

ショウリョウバッタ♂

DSC_5110sss.jpg

草むらを歩いていると「キチキチキチ」と音を立てて飛び出すバッタです

メスは倍以上大きくて余り飛ばないのですが

先日、車で走っていると大飛行中のメスが飛び込んできて焦りました (~_~;)

奥へ進んでいくと足元を転がるように逃げていく黒っぽい虫がたくさんいます

コオロギかと思ったら

DSC_5112sss.jpg

正体はヒメギスでした

写真のヒメギスは産卵管が見えますので♀ですね

更に湿地の奥へ進み森へ入りました

すると蜜場を発見!しかも2本並んだクヌギに複数あり

それぞれにカブトムシが群がっています

木の中ほどにある蜜場にはオオムラサキの姿も見えました

虫たちの様子を眺め暫し堪能します

移動しようとしたら、すぐ近くにルリタテハがとまりました

DSC_5127sss.jpg

翅の裏側は樹皮に似た地味な色ですが

表側にある瑠璃色のラインがとても綺麗な蝶ですね

ここで一度車に戻り神社の様子を見に行きました

結構大きな木が多く、もしかしたら猛禽が巣を構えるかもと思ったのですが……

しかし、意外な所でカブトムシを見つけました

DSC_5133sss.jpg

なんと地表から1mありません

写真中央の蜜場に♀が3匹陣取って♂は蜜が出てないような場所にいます (ノД`)

しかも真ん中にいる一回り小さな♀が喧嘩っぱやくて

上下にいる♀を押しのけようとグイグイ押してます (;・∀・)

この後♂はどこかへ退散してしまいました

さて、他に蜜場はないかと大谷戸湿地へ周回道路経由で歩きながら探します

すると……ありました

この木も凄い!複数の蜜場に沢山のカブトムシが群がっています

DSC_5138sss.jpg

ここは地表1m弱の蜜場ですが、上にある蜜場にはもっと多くのカブトムシがいました

こちらではベストポジションを巡って闘いが勃発!

DSC_5144sss.jpg

次の瞬間、下にいた♂が吹っ飛ばされました

いやぁ、眼福、眼福

今日は軽く探索しておしまいのつもりだったのですが

予定外に楽しませて貰っちゃいました

  1. 2012/08/11(土) 14:18:45|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

8/2 狭山丘陵(野山北公園→北狭山谷)

狭山丘陵に行く時はいつものんびりですが

今日はちょっとだけ早めに出発してみました

まだ駐車場が開いてませんので、邪魔にならない所に路駐です (^_^;)

目的の場所を目指す途中なにやら視線を感じて立ち止まると

DSC_4931sss.jpg

カマキリの幼虫がこちらを睨んでいました (~_~;)

この写真では見えませんが

前脚の付け根が黄色ならオオカマキリ、橙色ならチョウセンカマキリです

そして目的地に到着しました

DSC_4935sss.jpg

おおっ カブトムシ発見!

左からスジクワガタ♀、クロヒカゲ、クロカナブン、カブトムシ♀、カナブン、カナブン

DSC_4937sss.jpg

ちょっと上の蜜場にはカナブンが2匹いました

高い所にはカナブンの他、マダラカマドウマやヨツボシケシキスイなど集まっています

撮影している間にオオムラサキも飛んできたのですが

かなり高いところにとまったので残念ながら撮影は出来ませんでした

これで車に戻りましたが、同じルートでは面白くないのでルートを変えます

ソクズの花にアオハナムグリがきてました

DSC_4946sss.jpg

そして車に戻る前にもう一つの目的地へ寄ると

DSC_4952sss.jpg

今日はいました!しかも3頭も!!

カナブンやスズメバチと小競り合いをしつつ一歩も引きません

この写真には写ってませんがオオムラサキの他にコムラサキも来てました

やはり早い時間の方がいいみたいですね

さて、目的を果たしたところで北狭山谷へ移動しました

ここは日当たり最高でめちゃくちゃ暑いです (-_-;)

蝉時雨を聞きながら歩いていくとキボシアシナガバチを見つけました

DSC_4964sss.jpg

まだ働きバチがおらず女王バチが子供たちの世話をしています

ここには初めて来たので大まかに様子を見ながら歩きますが

事前の情報どおりトンボの楽園ですね

今の時期は特にシオカラトンボが多いようです

DSC_4965sss.jpg

このムギワラトンボはまだ若い個体のようですね

谷戸の一番奥まで歩いた所で暑さに負けて森の中へ入ると

足元をなにかが通り過ぎて木にとまりました

DSC_4972sss.jpg

ヒグラシの♂です

この時間はまったく鳴き声が聞こえないのですが

相当数いるようで、ちょっと歩くと次々に飛び出してきました

暫く探索して再び谷戸へ戻ります

DSC_4990sss.jpg

ミヤマアカネの♀

♂は成熟すると真っ赤になりますが、♀はもう少し色が濃くなる程度です

ニイニイゼミを見つけました

DSC_5013sss.jpg

が、ご覧のとおりの保護色でカメラのAFが効きません

10枚ぐらい撮ってみましたがジャスピンは1枚もありませんでした (-_-;)

キイロイトトンボがいたので撮影しようとしたら、数匹まとまって飛んできました

DSC_5022sss.jpg

その中に交尾中のペアがいたのでとまるのを待って撮影

最後に一番目立っていたトンボをアップして終わりにします

DSC_5025sss.jpg

ショウジョウトンボの♂

既に成熟して真っ赤になっていました

♀は一匹も見ませんでしたが、これから羽化するのでしょうか?

  1. 2012/08/02(木) 22:05:39|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

7/24 狭山丘陵(市民の森)

今日は天候がいまいちなのでゆっくり寝てから出撃です

まずは荒幡富士に咲いているヤマユリから

DSC_4865sss.jpg

立派な花ですね

これが野生種なのですから素晴らしいです

ユリ属は控え目な花が多い日本では貴重な存在だと思います

さて第一の目的は果たしましたので、ここからは第二の目的である昆虫

特に蝶類を探すことにします

それにしてもニイニイゼミがよく鳴いています

DSC_4868sss.jpg

辺りをちょっと探せば羽化した抜け殻がたくさん見つかります

そういえば昨日はヒグラシの声も聞きました

ついでにニイニイゼミの成虫を探していると近くでミンミンゼミが鳴き始めました

こちらも今シーズン初ですね

DSC_4871sss.jpg

成虫は見つかりませんでしたが、抜け殻を発見

すぐ近くにはアブラゼミの抜け殻もありました

近々鳴き声も聞けるでしょう

さて、肝心の蝶ですが……

クロアゲハをよく見かける場所に行ってみると

DSC_4872sss.jpg

前から飛んできて通り過ぎるかと思いきや、横の木にとまりました

少し開けた場所ではスジグロシロチョウ達が舞っています

DSC_4873sss.jpg

ここで暫く様子を見ているとジャコウアゲハの♀が飛んできました

DSC_4876sss.jpg

あまり良い出来ではありませんが

アゲハが2種類撮れたので撤収……だったのですが

途中でアカボシゴマダラを発見

DSC_4895sss.jpg

増えているという話は聞いていましたが狭山丘陵にもいるんですね

ホソオチョウといい外来種の放蝶はやめて欲しいものです

  1. 2012/07/24(火) 13:25:28|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

| ホーム | 次のページ