デジイチはじめました

百里や入間の自衛隊機、狭山丘陵の鳥たちをメインに撮影しています

9/19 百里基地

18日の小松基地航空祭が台風の影響で中止となり

予定がぽっかり空いてしまったので、19日に百里基地へ行きました。

アクティブ21を期待したのですが、残念ながら03でしたのでホコ天へ。

D500-1210.jpg

まずは301SQから上がってきました。

D500-1211.jpg

03上りじゃこんなものでしょう。

302SQはリーダーがまっすぐ、残る2機はフォーメーションでした。

救難があがって、最後に501SQと続きます。

D500-1212.jpg

初号機がまずまずの位置から捻ってくれましたが、惜しくも立ち位置が合わず。

2ndの302SQはフォーメーション。

いつもより早く、このタイミングで西側へ移動しました。

道路わきの雑草が生い茂る場所に無理やりとめて撮影場所へ。

暫くすると301SQが上がり、入れ替わるように302SQが戻ってきました。

ここでランウェイチェンジです。

この時間帯だと路面からの放射熱が強く、大気が揺らいで解像しないので

SSを落として流し撮りの練習をする事にしました。

レンズも500mmから300mmへ交換します。

D500-1214.jpg

SSを落とすといっても普段は1/125ぐらいなんですが、今回は1/80まで落としました。

301SQが降りたあと、ようやく501SQが動き始めました。

洋上迷彩のRF-4Eとヨーロピアン迷彩のRF-4EJが上がるようです。

D500-1215.jpg

洋上迷彩のRFでは流し撮りをした事がなかったので、丁寧にカメラを振りました。

D500-1216.jpg

こっちはちょっと雑になったか。

3rdの302SQは4機ともウエストランディング。

D500-1217.jpg

距離が近い分、同じSSでは厳しかったです。

1/250とか1/400で良かったかも。

301SQはイーストへ、501SQのファントムは上がりませんでした。

この天候ならナイトがあるだろうと帰らずに、このまま待機します。

5時過ぎにエンジンスタート。

302SQが、まだ微妙に明るいなかタキシング開始しました。

ちょ~っと早いなと思ったのですが、ホールディングポイントで留まっているうちにいい感じになってきます。

1/80から少しだけ速くして1/100へセット。

D500-1218.jpg

機体もバーナーも写る絶妙の時間にテイクオフしてくれました。

D500-1219.jpg

この後あがるRF-4EJが後ろに写ってますね。

301SQの順番ですが、3rdで上がらなかった501SQが先に上がります。

D500-1220.jpg

もう真っ暗で、なんとか機体が写りました。

この日は501SQの上りをみて撤収です。

10月は観閲式があります。

そろそろ練習が始まるかな……と思っていたら昨日ちょっとだけやったみたいですね。

  1. 2017/09/26(火) 11:16:54|
  2. 飛行機|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

9/14 小松基地

9月18日に開催される小松基地航空祭。

12日、14日と大きな規模の予行練習が行われるという事で

さすがに12日は厳しいので14日に休みを取って行ってきました。

例の如く8時前にはオープニングフライトがスタート。

T-4が上がったあと、303SQと306SQがそれぞれTACデパーチャーで上がっていきます。

5機で隊列を組んで、まずは南からパス。

そして北からパスしていきました。

D500-1203.jpg

T-4はそのまま降りて、イーグルはそれぞれTACイニシャルから着陸していきます。

D500-1204.jpg

306SQの記念塗装機。

D500-1205.jpg

そして303SQの記念塗装機です。

午前の機動は303SQの担当でした。

D500-1206.jpg

う~ん、ちょっと遠いなぁ。

今日の立ち位置からだと、近いところを飛んでくれませんでした。

続いて救難です。

この時間はみんな休憩してますね。

救難が降りると、入れ替わるようにイーグルが10機上がりました。

ビッグフォーメーション1回目。

D500-1207.jpg

2回目は傘型に1機加えたような隊列でパスしていきます。

これだけの機数なので降りにも期待したのですが、ディレクトダウンウインドでフルストップでした。

本番はこの後に岐阜のF-2、F-4が機動を行うのですが

予行は岐阜基地で済ませているので小松基地へは来ません。

午後の部が始まるまで時間があるので航空プラザで時間を潰しました。

午後最初はアグレッサーの機動です。

D500-1208.jpg

新色の機体でしたが、高度が高く残念な感じでした。

本番に期待するしかありません。

そして最後は306SQの機動です。

D500-1209.jpg

303SQ、AGRといまいち外した感じでしたが、306SQはこの場所でバッチリでした。

予行が終わると、すぐさまローカルが始まりましたが

翌日も仕事なので、さっさと帰宅します。

土曜日は横田基地友好祭、月曜日は小松基地航空祭と続きますが天気の方が……。

  1. 2017/09/15(金) 23:23:42|
  2. 飛行機|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

9/10 三沢基地航空祭(午後の部)

午前中は格納庫に展示されていたF-35Bですが

天候が回復したので、トーイングされてエプロンに出てきました。

TEL_1193.jpg

午後最初の飛行展示はブルーインパルスです。

いつもならエプロンに機体が並べられていて、ウォークダウンからスタートなんですが

朝の豪雨の影響で滑走路北側のハンガーに格納されていた為に省略。

直接滑走路に向かいました。

いつものようにダイヤモンドテイクオフからスタート。

D500-1194.jpg

4ポイントロール

D500-1195.jpg

サンライズ

TEL_1196.jpg

バーチカルキューピッド

TEL_1197.jpg

スタークロス

上空の風も穏やかで、滞りなく第1区分の飛行展示が終了しました。

続いて救難展示が行われましたが、その間に昼食を摂っていたのでパス。

最後のプログラムとなるF-2の機動飛行に備えました。

機動飛行は2機で行われましたが、2機とも何故か複座型のF-2Bです。

D500-1198.jpg

軽快な動きをみせるF-2ですから、ハイレートクライムはお手の物。

D500-1199.jpg

なかなか背中が撮れないのは、どこの航空祭でも一緒なんですが

やっぱり残念ですね。

これで全プログラムが終了。

オープニングフライトがタキシングに、空中消火がキャンセルとなった以外は実施されました。

シャトルバス待ちの長い列を横目にRゲート目指して歩いていきます。

ゲートから三沢空港まで重い荷物を背負って歩きましたが

友人が一緒で良かった、1人だったらきつかったと思います。

帰りは19時5分発のJAL0158便。

時間はたっぷりあるので、デッキへ行ったりレストランで軽く食事したりしましたが

携帯のバッテリーは無くなってくるし、もう1時間早いと嬉しいんですけど……。

三沢空港のエプロンは工事中につき、ボーディングブリッジが使えません。

茨城空港のように徒歩で機体に向かいタラップを上がって搭乗します。

TEL_1200.jpg

タラップが離れプッシュバックが始まりましたが、これが長い事。

エプロン内でターンしたら自力で誘導路へ出るのかと思いきや

誘導路までプッシュバックしました。

更に使用滑走路がRWY10だったので、3kmほど延々とタキシング。

おかげでエプロンに駐機したままのB-1Bをもう一度見る事が出来ました。

羽田に到着後、個人的にちょっとしたハプニングがありましたが無事に帰宅。

次は小松だ!

  1. 2017/09/13(水) 17:51:36|
  2. 飛行機|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

9/10 三沢基地航空祭(午前の部)

航空祭本番は青森駅前の東横インを5時25分に出発でした。

……が、空がどんより。

今にも雨が降りそうです。

天気予報も午前中は雨という事で、急遽コンビニで合羽を購入し駅へ向かいました。

青い森鉄道は同業者でいっぱいで、すでに座席は埋まっています。

やれやれ、天気は悪いし1時間立ちっぱかよとテンションは下がり気味。

そんな中、青森駅を定刻に出発しました。

市街を抜けると雨が降り始め、ついには激しい雨とともに雷まで。

暫く走ると雲を抜けたのか雨も上がりましたが

三沢に行けば、そのうちあの雲が来るっていうのが確定したわけで……。

三沢に到着し、バスの待ちを確認して歩くか決めようなんて言ってたら

タクシーが待ち無しだったので、急遽変更しRゲートへ向かいました。

今年はフェニックスゲートが使えないこともあって、思ったよりも列が長い。

正門に戻るわけにも行かないので、列の最後尾に並びました。

そうこうするうちに雲が厚くなり、どんどん暗くなっていきます。

ヤバイと感じ合羽を着たら、まさにその瞬間に雨が落ちてきました。

雨というか豪雨。

も鳴りまくりです。

びしょ濡れのまま列は進み、ゲートに入る頃ようやく小降りになりました。

避難指示が出ているとの事で体育館へ入るよう言われましたが

雨もやんできたので、一路エプロンへ歩きます。

正面にE-2Cが見えましたがスルーし、B-1Bの展示スペースへ。

Rゲートからエプロンに入ると1㎞以上歩かなければなりません。

自衛隊の展示スペースを抜け、ようやく米軍のスペースに入りました。

TEL_1201.jpg

おぉ、これがB-1Bか、デカいなぁ。

例によって兵器倉が開放されていたので、写メ撮ったりウロウロしていると

間もなくオープニングフライトが始まりそうな感じ。

最前列の空いている場所に移動して待ち構えます。

なかなか始まらないなぁと思っていると、F-2とF-16が2機ずつ転がってきました。

D500-1183.jpg

まずはF-2Aから。

D500-1184.jpg

続いてF-16CMです。

センターパイロンにはAN/ALQ-184 ECMポッドを装着してますね。

例年ならF-2が3機、F-16が4機、それからP-8も飛ぶはずなんですが

おかしいなぁと思っていたら、これで終了。

タキシングに変更されてました。

この後、15分ほど雨が予想されているとの事で格納庫へ避難。

思ったよりも降りませんでしたが、空中消火活動の展示もキャンセルとなりました。

ようやく天候も回復し、F-2によるAGGとVADSによる射撃デモの開始です。

立ち位置的にVADSは見えませんでしたが、あの音が好きなんですよねぇ。

D500-1185.jpg

翼端のランチャーからヴェイパーを曳きながら上昇。

D500-1186.jpg

夏らしい雲をバックに突っ込んできます。

百里で見るF-4EJのAGGとは全く違う、F-2のAGGは凄く新鮮で面白かった。

特に左右交互に攻撃してくるところは良かったですね。

次は千歳リモートで第201飛行隊のF-15Jによる機動飛行です。

D500-1187.jpg

目の前を通過した直後に引き起こしてハイレート!

D500-1188.jpg

どうしてもお腹が多くなりますが、雲がいい感じで絡んでくれました。

D500-1189.jpg

ナイフエッジは2回しましたが、ちょっとエプロン側に寄りすぎな感じ。

2機で来てくれましたが、もう少し長く飛んでほしいですね。

次は午前中のラスト。

PACAF F-16 デモチームによる機動飛行です。

D500-1190.jpg

相変わらずキレキレです。

D500-1191.jpg

雨上がりの割に水蒸気が少なく、撮影には最高のコンディション。

D500-1192.jpg

さすが本拠地。

他でやる時よりも高度も低く、気合入りまくりでした。

午後の部は次の記事で。


  1. 2017/09/12(火) 21:16:05|
  2. 飛行機|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

9/9 羽田→青森→三沢

三沢基地航空祭へ行ってきました。

前日入りしましたが、三沢も八戸も宿が取れず青森で一泊です。

TEL_1170.jpg

早朝の羽田は、昼の喧騒が嘘のようです。

友人と合流し、7時40分発青森行きのJAL0141便で出発!

…って、まさかの沖止め。

TEL_1171.jpg

まぁ、それはそれで楽しいものです。

こんな写真も撮れるしね。

羽田のRWY34Rから上り、城南島上空で右バンク。

TEL_1172.jpg

翼の向こうに中央防波堤外側埋立地 ‐ ゲートブリッジ ‐ 若洲と見えています。

松島が見えてきました。

TEL_1173.jpg

先々週は、あそこに行ったんだよなぁ。

十和田湖、八甲田山を右手に見ながら高度を下げて、左へ旋回。

TEL_1174.jpg

青森の市街地が見えました。

間もなく青森空港に到着です。

左旋回でグルっと回り込んでRWY06へ着陸。

空港でレンタカーを借りて三沢へ向かいます。

1時間半ほどで到着、F-16の予行に間に合いました。

いつ来るかわからないB-1Bを考慮して28エンド側のポイントへ。

暫くするとF-16の予行が始まりました。

RWY28運用だと、このポイントは降り狙いになるので"肉眼レフ"が活躍します。

D500-1175.jpg

ショートで降りるとこんな感じでした。

B-1Bの方は、まだまだ到着の気配なしと判断し

10エンド側のポイントも見ておこうと移動することに。

すると、ここで雷雨になりました。

この雷雨が……。

ポイントに着くと雨も上がって飛べそうな感じになってきました。

予定の時刻をちょっと過ぎたところでF-16が上がり、午後の予行開始です。

さすが小回りの利くF-16、なかなかこっちまで来てくれません。

D500-1176.jpg

結論、F-16のデモはショーセンター付近にいないとダメ。

エンドまで来ちゃうと撮影は厳しいです。

次はブルーが飛ぶ予定ですが、時間がかなり空くので車で待つ事にしました。

車内で談笑しつつ何をするでもなく外を見ていると、視界の隅に何か入りました。

ん?なんか飛んでるな……B-1来たーーーーーッ!!!

友人ともども大慌てで外に出ます。

D500-1177.jpg

基地北側からアプローチしてきました。

右旋回して……まさか降りないよね?頼む、ワンパスしてくれ。

高度が高い、こっちに来るぞ……捻った!?

D500-1178.jpg

ぐわぁ~、普通にオーバーヘッドしやがった。

くそぉ、雷雨のせいで風が変わらなかった。

あのまま晴れていればランチェンして、この場所でばっちり撮れたのに。

テンションが下がった状況のままブルーが飛ぶ時刻になりましたが、飛びません。

どうやら予備でとっていた時間に変更したようです。

もう移動する気力もないまま、ここで飛んでくるのを待ちました。

基地南側に居座っていた雲がすっかりとれた頃、ブルーの予行が始まりました。

D500-1179.jpg

チェンジオーバーターン。

TEL_1180.jpg

バーチカルキューピッド。

D500-1181.jpg

ブルーは飛ぶ範囲が広いのでエンドでもそこそこ撮れます。

開始が少し遅れたのと民航が降りてきた事もあって、1区分の途中で終了でした。

B-1Bが2機でグアムを発った後、残る1機の行方が分からず

万が一に備えて28エンド側へ移動、せっかくなので三沢航空科学館へ行きました。

TEL_1182.jpg

閉館後も暫く粘りましたが諦めて撤収です。

明日の本番に備えて青森まで戻りました。

  1. 2017/09/12(火) 12:25:03|
  2. 飛行機|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

| ホーム | 次のページ