デジイチはじめました

百里や入間の自衛隊機、狭山丘陵の鳥たちをメインに撮影しています

2/22 百里基地

個人的な話で恐縮ですが

ひと月の間に、義父、実父と続けて亡くなりバタバタしておりました。

というか、まだバタバタしております。

ですがふさぎ込んでいても仕方がないし、気分転換も必要という事で

今年もやってきたアグレッサーを撮りに百里まで行ってきました。

アグレッサーが来る時はギャラリーも増えるので早めに出発。

しかし現地に着いたら、既に多くのギャラリーが!

定番ポイントは車でいっぱいでしたが、狙っていた場所はまだ空いてました。

1stはオジロからスタート。

初っ端からフォーメーションデパーチャーで出鼻を挫かれましたが

続いて上がった3機が早いタイミングで捻ってくれました。

D500-1007.jpg

次はケロヨンかと思いきや、何故かペッカー。

そして本命の登場です。

D500-1008.jpg

普通に上がってきましたが、そこはアグレッサー。

切れ味あるロールでギャラリーを楽しませてくれました。

D500-1009.jpg

リーダーを追うウイングマンも素晴らしい捻りです。

この2機しか上がりませんでしたが、この時点でだいぶ満足しました。

という事は今日の教導はケロヨンだな。

じゃあ、次はケロヨンの上り……と思ったら、またもペッカー。

D500-1010.jpg

やっとケロヨンが上がってきました。

ケロヨンを見送って、今度はアグレッサーのオーバーヘッド狙いのポイントへ。

すると上がったばかりのケロヨンがもう帰ってきました。

やっぱりファントムじゃ相手にならないのかな。

ケロヨンはダイレクトダウンウインドでしたが、果たしてアグレッサーは……。

サウスIPからのアプローチ……という事はオーバーヘッドかな。

暫くするとガメラが見えました。

んんっ、遠いなぁ?……あれっ、手前になんか飛んでる!?

うわぁぁぁぁぁ、しまったぁぁぁぁぁぁ、TACイニシャルだったぁぁぁぁぁぁぁ。

あ~あ、やっちゃった。

ま、引っ張ってからブレイクしたから、どっちにしろ背中は撮れなかったけどね。

これで1stは終了。

2ndはランチェンするだろうから、今のうちに移動しておこう。

車で待機していると何やら動きが!

ペッカーが降りてくるみたいだけど、上がった奴は降りたしなぁ……。

念のため、カメラを持って車の前で様子を見ていると

D500-1011.jpg

おぉぉぉぉぉ、青いのきた~~~~~。

D500-1012.jpg

トラベルポッドが眩しい。

D500-1013.jpg

聞いた話によると那覇に行っていたのではないかとの事ですが、詳細は不明です。

この後、予想通りランチェンしましたが

天気予報どおり、すっかり曇ってしまい撤収しました。

来週もう一度撮りに行きます。

その時は曇っても最後までいる予定。


  1. 2017/02/25(土) 12:17:45|
  2. 飛行機|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

1/31 岩国基地

遠征最終日は岩国基地。

翌日は仕事なので昼までの滞在です。

混み具合とかまったく分からないまま撮影ポイントへ向かいました。

8時半ごろ現着。

仮設ハンガーにはレガシーホーネットが見えます。

D500-993.jpg

アイツはどこだ?ハリアーは見えますが……奥にちらっと見えてるのがそうかな?

う~ん、はっきりとは分かりません。

特に動きもなく静かに時間が過ぎていきます。

おっ、P-3Cが出てきた。

D500-994.jpg

やたらコブだらけの機体……これはEP-3C電子戦データ収集機ですね。

このあとヘリが出てきて、基地で訓練をし始めたので車に戻って待機してました。

この間にオスプレイが飛んだ事など露知らず。

まだオスプレイを撮った事がないというのに……。

続いて上がってたのはUP-3Dです。

D500-995.jpg

EP-3CもUP-3Dも岩国にしか配備されていないので、撮れてラッキーでした。

続いてハークが3機出てきました。

D500-996.jpg

出てきた時は海自のハークかと思いましたが、米海兵隊のKC-130Jですね。

1機目もやや早いタイミングで捻っていきましたが、2機目、3機目とドンドン早くなり

最後の3機目などは浮いたと思ったら、すぐに捻ってました。

さすがはマリンコ、バカばっかり。

続いて現れたのは海自のUS-2。

D500-997.jpg

さすがUS-2、あっという間に浮き上がりました。

気がつくと既に時刻は10時を過ぎ、昨日あいつが飛んだという時間帯です。

仮設ハンガーの方をみると相変わらず動きがないように見えますが

……実は30分程前からチカチカと翼端灯らしきものが光っているのが気になってました。

すると、その点滅が右に動くではありませんか。

D500-998.jpg

キタ――(゚∀゚)――!! あいつが出てきました。

D500-999.jpg

真っすぐそのまま来い!

D500-1000.jpg

あぁ~、捻った~。

D500-1001.jpg

はぁぁぁ、お腹かぁ……。

仮設ハンガーを見ても他に上がりそうな機体はありません。

また車で待機です。

暫くすると何か降りてきました。

う~ん、ボーイング737かな?……えっ、T&G?……あっ、P-8じゃねぇか。

横田基地でも何度もT&Gをやってたけど岩国でもやってるんだ。

何度もT&Gを行っている合間をぬってオムニの767があがります。

D500-1002.jpg

P-8はT&Gだけでなくゴーアラなんかもやってました。

D500-1003.jpg

散々ぐるぐる回って嘉手納?にお帰りです。

撤収予定の11時を過ぎましたが、このままF-35Bが戻ってくるのを待ちます。

その前に、今朝上りを見落としたオスプレイが降りてきました。

D500-1004.jpg

これがオスプレイか、噂通りチヌークの方がうるさいな。

今気づいたけど、この機体ハイビジなんですね。

やっぱりこっちの方がいいな。

なんとなく南側エンド方向をみるとF-35Bがエシュロンで進入してきました。

オーバーヘッドアプローチですが、ここからはちょっと遠すぎです。

前日やったという垂直着陸に期待したけど、そんなアプローチコースじゃなかったので

そのまま降りちゃうかと思ったら

D500-1005.jpg

脚を降ろしたままで2機ともゴーアラウンド。

今度はそのまま降りました。

D500-1006.jpg

このタキシングを見て撤収。

帰路は約870kmという事なので9時間半から10時間程ですね。

もっとも、刈谷で足湯に浸かったりして休みながら帰ったので12時間ぐらい掛かりましたが。

  1. 2017/02/04(土) 21:40:24|
  2. 飛行機|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

1/30 築城基地

北九州3日目は初めての築城基地です。

朝のうちは雲が厚く垂れこめている状況で、撮影にはちょっと……。

そんなわけで、ゆっくり焦ることなく現地入りしました。

基地最寄りのコンビニでパンとドリンクを調達し会計を終わらせた瞬間に轟音が!

どうやら1stが始まったようです。

暗くて逆光を気にする必要もないので、まずは松原展望台広場へ向かいました。

到着すると同時に次の編隊が上がってきます。

2機目はAB焚いたままで上がっていったので、ここからでもはっきりバーナーリングが見えました。

う~ん、これは撮っておけばよかったかも。

全部上がったようなので、基地北側にある撮影ポイントの様子を見て回ります。

とりあえず墓場ポイントのやや西側に陣取る事にしました。

F-2が戻るまでT-4で感じをつかみます。

暗かった空に晴れ間が見え始めた頃、F-2が帰ってきました。

オーバーヘッドアプローチでしたが、1機ずつだったこともあり引っ張る事もなくレフトブレイク。

これでノースダウンウインドに入ると勘違いしていた事も判明しました。

と、なると背中がとれる場所がないなぁ。

そんな時にTACイニシャルのコールが聞こえてきました。

えっ、ローカルでTACイニシャル?半信半疑で進入方向を見ていると……おぉ、マジか。

2機が並んで基地上空へ進入してきます。

D500-985.jpg

ちょっと高度がありますが、いい感じで引っ張ってくれました。

こんなの百里じゃ航空祭の事前訓練と本番ぐらいでしか見れません。

D500-986.jpg

降りてきた機体はこんな感じで見えます。

換算750mmだとフェンス際まで行ったら画角に入りきりません。

全機降りたところで順光側のポイントを探します。

ちょっと電線や塀が邪魔ですが、この辺かな?とアタリをつけて待っていると、まず3機上がってきました。

D500-987.jpg

2機目、3機目は両翼端にAAM-3の実弾を装備しています。

続いて4機、こちらはミサイル装備無しで上がっていきました。

この後はどうしようかなと思っていると、何機かホールドしてる様子。

何だろう?と思っていたら2機のF-2が南側から基地を横切るように進入するのが見えました。

とりあえず墓場ポイントの方へ行ってみようと移動してみましたが、F-2はかなり東を飛んでいるようです。

そこで河口へ行ってみる事にしました。

移動していく間にもF-2が何度も通過していきます。

最初は全然わからなかったのですが、これってAGGなんだと思い至りました。

百里では滑走路と同じ方向に飛ぶのでピンとこなかったです。

築城のAGGは海に飛び出した滑走路エンドの辺りを目標にしているようですね。

これでは撮影できないので、少し様子をみてから墓場ポイントに移動しました。

D500-988.jpg

AGGをやってる間は上がらないのかと思っていたら関係ないようです。

午前の上りはこれで終わり、このままここで戻ってくるのを待つ事にしました。

サイレントを挟んで戻ってきた2機がT&Gを実施。

D500-989.jpg

2機ともショートクローズで、お腹がばっちり……。

また空が明るくなってきたので順光側のポイントを探しに移動しました。

とりあえず開けた場所を見つけたので車を止め待機します。

D500-990.jpg

4機上がってすべてミサイル無しですが、どんな訓練をしているのでしょうねぇ?

この後、移動するためUターンしたところでアクシデント発生。

思った以上にぬかるんでいてスタックしてしまいました。

永年会員ながら1度しか利用した事のないJAFにそっこー連絡です。

20分ほどで救援車が到着し、迅速かつ丁寧に引き出してもらいました。

そんなこんなで再び松原展望台広場へ。

ほどなく2機のF-2が上がってきました。

あれ?実弾を装備しているなぁ、もしかしてホット?

15分ほど経ったところで再び2機上がってきます。

こちらも実弾装備、やはりホットなのか?このパターンだと、15分後また上がるかも。

15分経ちましたが上がってこないので、広場の展望スペースへ行ってみました。

あっ、アラートハンガーの扉が開いています。

東側エンド方向をみるとアーミングエリアに2機のF-2がいました。

慌てて車へ戻りカメラを持ってきます。

D500-991.jpg

何とか間に合いました。

D500-992.jpg

2機目を見送って撤収です。

これから岩国まで移動して、もう一泊。

遠征最終日は午前中のみですが、アイツが飛んでくれるといいなぁ。


  1. 2017/02/03(金) 22:01:32|
  2. 飛行機|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1/29 海響館

北九州での用事が予想外に早く終わったので、海響館に寄ってみました。

8年前に来た時はペンギンの展示施設を作っている真っ最中でした。

あれからもう8年かぁ……早いなぁ。

順路に沿って進み、魚たちが入っている水槽を抜けると、大きな鯨の骨格標本が展示されています。

そうそう、これは前に来た時もあったなぁ。

そしてペンギンたちのいる「ペンギン村」へ。

まずは亜南極ゾーンです。

一番手前側にキングペンギンの親子がいました。

更に順路を進むと水中のペンギンたちを見る事ができます。

D500-979.jpg

ジェンツーペンギンが泳いできました。

ペンギン界一泳ぎが上手いと言われるだけあって、水中を飛ぶように泳いでいます。

D500-980.jpg

こちらはキングペンギン。

大型のペンギンだけあって潜水も得意です。

屋内水槽を過ぎると屋外の温帯ゾーンに出ました。

こちらではフンボルトペンギンたちがたくさんいます。

なかには巣材を集めているペアもいるようでヒナの誕生が待たれますね。

続いてイルカたちのいるアクアシアターへ。

間もなくショーが始まるようで、お客さんがたくさん集まっています。

既に席がいっぱいなので通路から見る事にしました。

まずはアシカの登場です。

D500-981.jpg

お姉さんの投げる輪をうまくキャッチしていました。

D500-982.jpg

イルカの演技中もアシカはお姉さんの指示に従って、ちゃんと待っています。

D500-983.jpg

水しぶきに注目。

この写真はバックフリップを決めているところです。

D500-984.jpg

3頭が揃ってジャンプ!……はいいんですが、こっちに跳ぶんじゃないの???

関東の水族館と比べるとやや地味目なショーでしたが

ご覧のように関門橋をバックにみるイルカショーというのは、ここでしか見れませんし

市立の水族館とは思えない立派な施設ですね。

さて、休みは残り2日。

この日は小倉にお泊りです。

  1. 2017/02/02(木) 22:48:35|
  2. 水族館|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

1/17 渡良瀬遊水地

渡良瀬遊水地にコミミズクを撮りに行ってきました。

というか、実は今年に入って3週連続で通ってます。

4日は飛び始めて5分もしないうちに強風が吹いて終了。

10日は早い時間に飛び始めた1羽は、あっという間に遠くへ行ってしまい

日没30分程前になって、やや遠くで飛び始めましたが

撮影条件が悪くなっていく時間帯だったのでパスして帰宅。

そんなわけで17日は3度目の正直で、ぜひとも撮影したいところ。

そこで、今回はちょっと撮影場所を変えました。

ところが天気予報とは違って、けっこうな風が吹いています。

それでも風がやむ事を願って準備を済ませ待ちました。

すると14時を30分ほど過ぎた頃、急に風がやみ1羽のコミミズクが現れました。

ところがまたも風が吹き始め、せっかく出てきたコミミズクも土手に降りてしまいます。

そのまま粘っていると風が弱くなり、別の方向からコミミズクが1羽現れました。

D500-969.jpg 

対岸の土手を飛んでいるので、100m近くあるでしょうか?

それでも贅沢は言えません。

暫くすると最初に出てきたコミミズクも飛び始めました。

D500-970.jpg 

いつの間にか上流側にも飛んでいます。

どうも、この辺りだけでも3羽のコミミズクがいるようです。

こうなると近くを飛んでくれるのを待つだけ。

D500-971.jpg 

日没まで撮りまくります。

D500-972.jpg 

一番大きく撮れた時でこれぐらい。

距離にして40~50mぐらいでしょうか?

D500-973.jpg 

こちらを確認しながら、ある程度距離をとって飛んでいるようです。

D500-974.jpg 

川の両岸にギャラリーがいるのですが

この日は左岸寄りに飛ぶことが多かったですね。

自分は光線を考えて右岸にいたので、ちょっと残念でした。

D500-975.jpg 

それでも何度も飛んでくれたので、たっぷり楽しませて貰いましたよ。

D500-976.jpg 

この時期の川沿いなので、背景がごちゃついているのは勘弁してください。

D500-977.jpg 

こうして時折なにかを見つけてはダイブしてましたが

獲物がとれたのは確認できませんでした。

この後、また風が吹いてきてコミミズクの姿が見えなくなったので撤収しました。

最後におまけ。

D500-978.jpg 

10日、帰る直前にやってきたハイイロチュウヒのオス。

アップした写真はいずれも大きくトリミングしていますが

どの写真も同じサイズにトリミングした後、縮小していますので

なんとなく距離感はつかめるかと思います。


  1. 2017/01/19(木) 21:27:00|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

| ホーム | 次のページ