FC2ブログ

デジイチはじめました

百里や入間の自衛隊機、狭山丘陵の鳥たちをメインに撮影しています

12/1 百里基地航空祭(特別公開)

今年の航空祭も8~9日の那覇基地が最後。

自分は那覇には行かないので、今回の百里基地が最後の航空祭でした。

朝7時半ごろ正門に行くと既に開門しており

そのままエプロンの一番北東側に設置された手荷物検査場へ向かいました。

どうやら6時半開門だったようです。

当然ながら待ち時間もなく、すんなり通過。

まずはお目当てのスペマへ。

D850-1600.jpg

既に他基地の航空祭にも参加しているお馴染みの428号機。

D850-1601.jpg

こちらが前日にお披露目されたばかりの新スペマ399号機。

どちらも同じデザインで色違いとなっています。

そうこうしているうちにメトロのT-4が2機上がっていきました。

アクティブ03だったので、より北側に行ける芝生地区へ移動しました。

だいたい考えていた場所には既に多くのファンが待ち構えていました。

オープニングフライトに参加する救難隊のU-125Aと

6機のファントムが03エンドに向かったところまではよかったのですが

このタイミングでランウェイチェンジ。

各機トラックバックして21エンドに移動してきました。

TACデパーチャー狙いだった多くの人が慌てて移動。

自分も出来るだけ南側へ移動して離陸を見届けました。

D850-1602.jpg

301SQ、302SQ、501SQ、3部隊によるデルタ編隊。

この3部隊が揃う最後の航空祭ですね。

301SQと302SQのファントムが降りたあと、RF-4Eによるエプロンの撮影が実施されました。

昼頃には撮影した写真を大きなパネルにしてエプロンに展示されます。

後で確認したところ、自分もちゃんと写ってました。

救難隊のデモの次はデモスクランブル、離陸後はそのままAGGを実施しました。

しかも担当したのは2機のスペマ機。

D500-1603.jpg

白スペマが突っ込んできました。

まずはレフトターン。

D850-1604.jpg

3パス目からはライトターン。

D850-1605.jpg

突っ込んできて高度200フィートで引き起こし。

D850-1606.jpg

黒の方が南側で引き起こすので、背中を綺麗に撮れました。

ふぅ~、もうこの時点で満足です。

AGGが行われている間に、早くもF-15がエンジンスタート。

2機のファントムが着陸すると、入れ替わるように離陸していきました。

D500-1607.jpg

残念ながら、ゆる~い機動でストレスが溜まりましたが致し方ありません。

午前はこれで終了。

出店を回って食料を調達しました。

食事を済ませエプロン北側へ移動し、午後の機動を待ちます。

機動は301SQの2機が担当しました。

先週、築城基地航空祭に支援に行ったさいに例のボードを見たらしく

同じようなボードが用意されていたのはGJと言いたい。

D500-1608.jpg

「F-2のようにはいかない」とか言いつつも頑張ってくれました。

ラストは501SQによる戦術偵察デモ。

D500-1609.jpg

洋上迷彩の突込みが撮れたのは嬉しい。

D500-1610.jpg

RFが見れるのもあと2、3年でしょうか?

撮影機会を大事にしていきたいですね。

さて、今年の航空祭も残るは那覇だけ。

自分は那覇には行かないので、今回が最後となりました。

今後暫くは鳥撮りメインとなります。

  1. 2018/12/04(火) 21:31:14|
  2. 自衛隊行事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

11/25 築城基地航空祭

昨年と同じように中津に宿泊し

6:25の電車に乗って築城に向かいました。

築城に到着し、まず最初の撮影ポイントで待機していると

薄明の中、岩国からF-35Bが飛来しました。

続いて芦屋のレッドドルフィンも到着。

時折飛んでくる鳥や日豊本線の列車を撮って時間を潰していると

8時前にはオープニングフライトに向けて6機のF-2が上がっていきました。

今か今かと待っていると定刻にデルタ編隊を組んだF-2が現れました。

D500-1583.jpg

昨日は飛ばなかったスペマが先頭でした。

D500-1584.jpg

こちらは昨日と同じくスペマが先頭でした。

という事は、ビッグフォーメーションの後の2機編隊は……

D500-1585.jpg

やはりスペマ同士。

続く4シップエシュロンを待ち構えていると友人が何かを発見しました。

D500-1586.jpg

あれ?また君か。

昨日とはぜんぜん違う場所でしたが、また会ってしまいました。

そうこうするうちに4機編隊がやってきました。

D500-1587.jpg

立ち位置ばっちり。

この場所を選んだ友人に感謝です。

オープニングフライトが終わると、すぐにAGGが始まりました。

この場所では……と思いましたが、それでも何度かチャンスがあり

D500-1588.jpg

こんなに近くに来てくれる事もありました。

ここで予報どおり雲が多くなったので、思い切って逆光側へ。

次のF-16のアクロまでギリギリですが、出来るだけ東側に移動します。

そう、昨日予行で見た超ショートクローズでの上り。

あれをモノにしたいのです。

ところが……。

D850-1589.jpg

あぁ~!?なんと捻っているところなんぞ全く見えず

ここよりも、もっとずっと東側からハイレートクライムで現れました。

完全に狙いを外された以上、逆光のこの場所では期待できず。

D500-1590.jpg

フライトは素晴らしかったのに残念な写真ばかりでした。

芦屋のT-4が航過飛行を行う頃には天候も回復し、ますます困難な状況に。

とは言え移動する時間もないまま、新田原からF-15Jが飛来しました。

D500-1591.jpg

なんと言うか、F-2とF-16のフライトを見た後だと物足りない感じ。

これで午前のフライトは終了。

この間に移動し友人と合流しました。

友人は撮ってみたいポイントがあるようなので、自分だけ基地内に入りました。

午後は6SQの機動からスタート。

D500-1592.jpg

増槽無しで気合の入ったデモフライトです。

D500-1593.jpg

TACデパーチャーはなかったもののローパスからブレイクをしてくれました。

機動のあとはウイスキーパパのアクロです。

これはもう見た方がぜったいに楽しい。

そんなわけで後半、低いところを飛んでくれた時だけ撮影しました。

D500-1594.jpg

今年はエプロンの前の方まで行ってナイフエッジが撮れたので満足しました。

この後はデモスクランブルだったので、再び後方に下がり休憩。

最後の機動に備えます。

8SQはスペマを含む3機で機動を行いました。

D850-1595.jpg

他の基地ではありえない低空での旋回。

D850-1596.jpg

2機編隊での機動も運動性の高いF-2ではお手の物。

D850-1597.jpg

最後に3機で進入してコンバットブレイク。

ここでF-35Bがタキシングを開始、どうやら早々にお帰りになるようです。

D500-1598.jpg

3機が着陸すると、すぐに上がっていきました。

このカットの直後アフターバーナーオン。

ハイパワーエンジンらしい加速力でぐんぐん上昇していきました。

ここで基地から出て、出口近くで友人と合流し帰投を待ちました。

残念ながらF-4EJは翌日帰投のようでトーイングされてしまいましたが

F-15Jは帰投しました。

D500-1599.jpg

ベタベタの低い上りからハイレートクライム。

この後、美保のT-400が帰投したところで撤収しました。

バイバイ築城、また来年。

  1. 2018/11/27(火) 23:44:26|
  2. 自衛隊行事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

11/24 築城基地航空祭予行

昨年に続き、築城に遠征しました。

土曜日の朝いちばん、6時20分発のJAL371便で北九州空港へ。

昨年は10分遅延で電車に乗り遅れたので、今年はレンタカーを利用しました。

今回は遅れることなく到着し、レンタカーで出発しましたが

行橋を過ぎ新田原に向かっているあたりで、同行の友人が離陸していくF-2を発見。

しかも3機はハイレート!

レンタカー利用でもオープニングフライトの上りには間に合いませんでした。

まぁ、これは仕方ないですね。

オープニングフライトが始まる前には撮影ポイントに到着できました。

まずは6SQがデルタ編隊でご挨拶。

D500-1571.jpg

続いて8SQがスペマ機を先頭にデルタ編隊でファンブレイク。

D500-1572.jpg

2パス目は右翼8SQ、左翼6SQに分かれたビッグフォーメーションでした。

ビッグフォーメーションからブレイクすると4機と2機に分かれ、まずは4機が着陸。

それぞれのリーダー機が2機編隊でファンブレイクをして着陸となりました。

全機着陸すると、すぐに8SQの4機が離陸しました。

D500-1573.jpg

4シップエシュロンからのブレイクでスタート。

D500-1574.jpg

2機ずつに分かれてAGGが始まりました。

D500-1575.jpg

昨年と同様、高速かつ低空という素晴らしいフライト。

2機同時に突っ込んで来るので、どちらを撮っていいのか迷ってしまう程です。

AGGの後は少し空いて機動と聞いていたのですが、何やら動きが……。

PACAFのF-16が上がってきました。

D500-1576.jpg

相変わらずキレキレですが、F-2の素晴らしいフライトを見た後だと

それ程でもないように感じるのは贔屓が過ぎるのでしょうか?

D500-1577.jpg

このデモチームのナイフエッジは

エプロンから背中がまっすぐ見えるように、90°をこえてバンクさせます。

D500-1578.jpg

デディケーションパスは一度でいいからエプロンからカリカリに撮ってみたいものです。

D500-1579.jpg

大気の揺らぎに泣かされたこの日、唯一カリカリに解像しました。

F-16が降りたら、しばし休憩。

次は6SQの機動です。

リーダー機がハイレートの後、ウイングマンがショートクローズでもの凄い上り。

D500-1580.jpg

すぐ上を抜けていきました。

D500-1581.jpg

とにかく何度も突っ込んで来るので追いかけるのが大変。

アドレナリンが出っ放しでシャッターを押し続けました。

この後はウイスキーパパの予行が入っていますが

あのフライトは近くで見ないと意味がないと思っているのでパス。

早めに昼食をとり、明日の本番に備えてロケハンをする事にしました。

ただ、唯一引っ掛かっているのはこの時点でも消えていないNOTAM。

午後からF-16のフライト予定が残されていたのです。

事前の予定よりも早い時間に飛んだこともあり、もう一度飛ぶ事も否定できません。

その辺りも踏まえて移動していきました。

午後になり鹿屋からP-3Cが飛来。

着陸後、基地西側へ行くと

F-16がもう一度上がるとの事で急いで南側へ移動しました。

ギリギリ間に合ってフライトを見届けたら、今日の予定は終了。

まだ時間が余っているので近くで鳥でも撮ろうと近くを探索。

鳥の出は悪く苦戦しましたが、この子を見つけました。

D500-1582.jpg

5mくらい先でしょうか?目の前の藪から出てきました。

可愛い顔をしていますが、けっこう凶暴な奴です。

この日はこれで撤収し、次の日に備えました。


  1. 2018/11/27(火) 14:49:13|
  2. 自衛隊行事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

11/18 岐阜基地航空祭

前回の予告通り、岐阜基地航空祭に行ってきました。

今回も1時出発で、5時過ぎには到着しました。

寒いのでギリギリまで車で待機してたら、友人からが。

無事に合流し、同業者たちでごった返す田んぼへ。

今回は人込みを避けて東側に陣取りました。

オープニングフライトに備えて、8時過ぎには離陸が始まりました。

D500-1553.jpg

岐阜名物、メトロ(天候偵察)という名の機動飛行はF-2Bの101号機が担当。

オープニングフライトが始まる8時30分になると

エプロン正面からF-4EJを先頭に、F-2BとF-15DJがデルタ編隊で進入してきました。

D850-1554.jpg

そして両翼が左右にブレイクし、先頭のF-4EJが上昇していきました。

これは今年からの新しいパターンですねぇ。

その後、恒例のF-2vsF-15による加速競争が行われました。

F-15DJは8の字ターンで、我々の真上で切り返していきました。

D500-1555.jpg

機首になにやら目のようなものが描かれていますが、これが今年のスペマです。

詳しくはhttp://hisomaso.com/を見ていただければ。

8の字ターンの後はハイレートからのライトターンで離脱。

D500-1556.jpg

左右のエルロンが作動し右バンクをし始めていますね。

オープニングフライトが終わると次は機動飛行なのですが、1時間待ち。

ボッチだと辛い時間なのですが、今年は友人たちがいるので

丁度よいおしゃべりタイムとなりました。

機動はF-2A、F-15J、F-4EJの順で実施。

F-2Aの機動は502号機が担当。

D500-1557.jpg

立ち位置がいまいちで、反逆光から逆光になる場所で近くを通るコースでした。

切り返し直後のF-2A。

D500-1558.jpg

複合素材で造られた主翼のしなりがよくわかります。

F-15Jの機動は942号機。

近代化改修機の中でも形態二型試改修初号機となる機体です。

D500-1559.jpg

続いてF-4EJの機動は「改」のつかない初号機が担当しました。

D500-1560.jpg

後席Pさんが両手をあげてガッツポーズを決めてくれました。

右旋回に入ったF-4EJ。

D500-1561.jpg

動翼の作動状況が尊い。

機動が終わると、小牧のE-767と合流し空中給油デモが行われました。

D850-1562.jpg

今年はF-4EJとF-15Jがさっさとピッチアウトしてしまい、狙いが外れました。

最後にF-2AがピッチアウトするとE-767が単機でデモフライトを実施。

D850-1563.jpg

真上を通ると迫力が……。

午前の〆はブルーインパルスのアクロ。

天気がいいので当然ダイヤモンドテイクオフかと思いきや、1機ずつ離陸しました。

今年は一度もやってないようですし、訓練も行ってないとか聞きました。

もうやらないのでしょうか?

5・6番機はいつも通りロールオンテイクオフ&ローアングルキューバンで上がりました。

チェンジオーバーターン。

D850-1564.jpg

ブルーのフライトが終わるまでは良い天気だったのですが……。

午後は岐阜基地航空祭の目玉「異機種大編隊」が行われました。

D500-1565.jpg

始めに「銀ちゃん」ことC-1の初号機が上がっていきました。

この頃までは何とか日が差す事もあったのですが、どんどん曇ってしまいました。

ビッグフォーメーション1パス目。

D850-1566.jpg

昨年とは違って例年並みの10機が参加しました。

ビッグフォーメーション2パス目。

D850-1567.jpg

翼を広げて飛ぶドラゴンをイメージしているそうで、かなりワイドなフォーメーションでした。

フォーメーションの合間に行われた機動は、午前中と違って近くを通ってくれたのですが

なにせご覧の天候で残念な感じに終わりました。

写真をアップしていないのは「お察しください」といったところです。

着陸時に行われるエシュロンからのオーバーヘッドアプローチをアップして〆といたします。

まずは今年は3機だったT-4。

D850-1568.jpg

一角獣も久しぶりに見る事ができました。

続いてF-4EJ。

D850-1569.jpg

リーダーはF-4EJ改でした。

最後はF-2とF-15の4シップエシュロン。

D850-1570.jpg

いずれも立ち位置バッチリだっただけに天気が残念でした。

渋滞を回避するため帰投を見送ることなく、ここで撤退。

いつもは小牧東ICから高速で帰るのですが、今回は美濃加茂ICを使う事にしました。

犬山を抜けるのに渋滞が酷くて時間が掛かっていたのが順調に流れていい感じ。

今度からこのルートを使おうかな。

さて、次は築城です。

  1. 2018/11/20(火) 18:09:14|
  2. 自衛隊行事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

11/3 入間基地航空祭

久しぶりの更新になりますが、生きてます。

暫く天候に恵まれなかったのと、転勤で忙しくなったのと

体調が微妙に悪くて気分が乗らなかったりと、どうにも動きが悪くなってました。

まぁ、とにかく天気ですね、天気には本当に泣かされました。

11月3日といえば「晴れの特異日」として知られています。

ここで晴れなかったら、少なくとも年内はこのままズルズルいきそうな流れでした。

迎えた11月3日の朝。

やったー!ピーカンです。

いつものように実家に車を置いて、自転車で基地へ向かいました。

今年は基地内に入らず南側エンド付近の外周から狙います。

東寄りの風ですが、RWY35でスタート。

2機のT-4を従えたU-4がエプロン正面から進入しオープニングフライトが始まりました。

D500-1540.jpg

レッドドルフィンの後席Pさんはを構えてました。

次はフライトチェッカーのデモですが

どうも自分が到着する前に上がっていたようで、YS-11FCが突然現れました。

D500-1541.jpg

既に後継機が決定しているYS-11FC。

例年とは違い、エプロンからでも背中が撮れる飛行パターンに変更されていました。

フライトチェッカーのデモが終わったタイミングで小移動し、友人と合流しました。

ここでC-1がRWY35から離陸していきました。

南エンドでタキシングを狙っていたマニアたちはホッとした事でしょう。

ヘリコプター空輸隊のチヌークは空中消火用バンビバケットを吊り下げて登場。

D500-1542.jpg

バケットを外した後、こちらにも飛んできてくれました。

救難隊のデモは見えないので、友人と立ち位置の確認。

C-1のデモはデルタ編隊でのローパスからスタート。

続いて狙っていた8の字旋回。

D500-1543.jpg

事前訓練の時よりも近くを飛んでくれました。

今年のファンブレイクは2機。

こちらも事前訓練の時よりワイドに回ってくれたおかげで、歌舞伎がすぐ上を通過してくれました。

D500-1544.jpg

とはいえ、撮りたい突込みは逆光なので残念な感じでしたが。

例年通り、第一空挺団によるパラシュート降下も実施。

D850-1545.jpg

風も弱く綺麗な降下が見られました。

事前訓練では撮れなかった3シップエシュロンからのオーバーヘッドアプローチ。

D850-1546.jpg

リーダー機の歌舞伎がもう少し引っ張ってくれると嬉しいのですが、それは仕方がありません。

コンバットピッチは高度が高く残念でした。

最後に歌舞伎がハイスピードローパスからのコンバットピッチ。

これは遠かったので肉眼レフで楽しみました。

風向きが南東方向からに変わったため、降りはRWY17となりました。

午前の最後はシルバーインパルス。

追い風ですがRWY35で上がっていきました。

今年は7機となり飛行パターンも例年とは違った趣向で、とても良いデモフライトでした。

D500-1547.jpg

リーダーはレッドドルフィンで、上がると機動を実施しました。

最後の7シップエシュロンからのオーバーヘッドは圧巻。

着陸すると思いきや、7機が続けてもう1周していくところは初めて見たし、とても面白かった。

昼休みは南エンドにある福祉センターでイベントをやっていたので

そこで食事を済ませてから、入曽多目的広場に移動しました。

5番機のローアングルキューバン狙いだったのですが、見事に撃沈。

あとは適当に撮りました。

D850-1548.jpg

途中、空域に進入してきた民間機のせいで中断。

ここ数年、フルに1区分を見られた覚えがありません。

D850-1549.jpg

ブルーが終わった後は友人と別れ、F-2B、F-15J、C-2の帰投を狙いました。

離陸直後の捻りを狙うと逆光となるのですが、そんな事は百も承知で東側へ。

まずは松島へ帰るF-2Bが上がりました。

D500-1550.jpg

立ち位置はバッチリでしたが、普通に上がっていきました。

次は本命のF-15J。

いつも魅せてくれる306SQですから期待しないわけがありません。

きたっ!( ,,`・ω・´)ンンン?低すぎて木の上に出てきません。

音を頼りに追い続けると、出てきた瞬間に捻りました。

あっ!最悪な事に、思いっきり電線に被りました。

D500-1551.jpg

これは電線が被らなくなってから撮った写真をトリミングしたものです。

離陸後は戻ってきて、ナイフエッジからウイングウオークをして小松に帰投していきました。

残るはC-2輸送機。

いつもはその離陸性能を活かしてドッカン上りですが、まさか……。

航空祭という事で、さすがに抑えめに上がってくれました。

D850-1552.jpg

戻ってきてローパス後、美保に帰投していきました。

自分もここまで見て帰宅しました。

次は岐阜です。

  1. 2018/11/13(火) 21:22:34|
  2. 自衛隊行事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

| ホーム | 次のページ