デジイチはじめました

百里や入間の自衛隊機、狭山丘陵の鳥たちをメインに撮影しています

テスト

こんな感じでどうでしょう?

D500-1441.jpg


  1. 2018/05/23(水) 21:51:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

5/22 5年振りのコマドリ(柳沢峠)

コマドリが撮りたくなって上高地まで行こうかとも考えたのですが

日程的に厳しくて、超有名撮影地でお茶を濁すことにしました。

とは言っても、さすがに餌付けポイントは嫌なのでスルー。

先へと進みます。

またもや餌付けしてそうな場所がありましたが、ここには特定外来生物であるソウシチョウが。

地元の狭山丘陵にもいますが、まともに見たのは初めてです。

しかも大きな声で囀っていました。

あの声、どことなくガビチョウに似ているような……。

林道の周囲から鳥の声が聞こえてくるのですが

姿が見えない、もしくは遠くに見えるといった状況なので、どんどん進みます。

突然すぐ近くでコマドリが囀りました。

どうやらクマザサの茂みで鳴いたようです。

少し離れた場所で暫く待ってみましたが、姿を見れないまま移動してしまいました。

う~ん、ヤバイな、ぜんぜんシャッターを切れないぞ。

遂にドコモの無線中継局へ続く道との分岐まで来てしまいました。

予定ではここで折り返すつもりだったのですが、この先からいろいろな鳥の囀りが聞こえてきます。

なので、ちょっとだけ行ってみる事にしました。

キビタキは……ちょっと遠いかな?では、もう少し先へ。

何故ならオオルリの囀りが聞こえているから。

D500-1435.jpg

き、厳しい~。

枝被りで空抜けですが、なんとか2カットのみ撮れました。

この先のカーブは沢がありそうな感じだったので見に行きます。

う~ん、涸れ沢か……軽く覗いて戻ろうとすると、足元から小さな鳥が出てきました。

えっ?

D500-1436.jpg

し、しまった~。

メスのコマドリです。

まったく気配がなかったので気づかず接近してしまいました。

当然ですが、どんどん遠くへ行ってしまい、すぐに姿が見えなくなりました。

諦めて道を戻ります。

分岐まで戻りました。

登ってきた時には、アカハラとゴジュウカラの姿を見かけたのですが……何もいません。

この分岐までは舗装路なので、足音を立てないよう歩きます。

カーブを曲がった所で足元から、何か飛びあがりました。

D500-1437.jpg

ビンズイですね。

あちらも驚いただろうけど、こちらもけっこう驚きました。

暫くこの枝に留まってくれたので、気を落ち着かせつつ撮ります。

先へ進むとコルリがたくさん囀っている斜面があるのですが、やはり姿を見る事が出来ません。

往路でコマドリが鳴いた場所に戻ってきました。

順光側へ回り込んで、様子を伺います。

いた~メスかな?

あっ、もう1羽

D500-1438.jpg

既にカップリング成立してるようです。

どうりであまり囀らないわけだ。

D500-1439.jpg

そしてお立ち台から退場。

D500-1440.jpg

オスを撮っている間に見失ったメスを探して

オスもメスも撮ったつもりだったのですが……あれ?これさっきのオスだったか??

餌付け場所まで降りてくると、朝3名だった同業者が倍になってました。

更に駐車場へ向かうと、ぞくぞくとやってくる同業者の皆様。

これは早く来て正解だったようです。

今度、また来てみよう。

まだ見たことがないマミジロが撮りたいのです。

  1. 2018/05/22(火) 16:24:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

5/6 パターン変更が吉と出るか凶と出るか(軽井沢野鳥の森)

GW最終日、人が減るであろう午後から出撃してきました。

思ったより車がとまってましたが、前回と比べれば遥かに少ない状況です。

まだちょっと時間が早いと考え、準備を整えつつ車で待機しました。

では、行きましょう。

車を降りて向かったのはドングリ池。

前々回、ヒガラとコガラたちが水浴びしていた場所に差し掛かると……

D500-1423.jpg

あら、ヒガラが1羽水浴び中でした。

少しだけ撮らせてもらって、先へ進みます。

すると同業者が何やら撮影中の様子。

ちょっと覗かせてもらうと綺麗なオスのコルリがいました。

D500-1424.jpg

水際に降りてきて採餌していたようです。

D500-1425.jpg

ある程度撮らせてもらえたので、ここは失礼して先へ進みました。

ドングリ池の辺りは人が多かったので、坂を上がってフクロウの様子をチェック。

残念ながら姿が見えません。

(数日前に巣立って姿が見えなくなったそうです)

すると、キツツキが飛んできました。

徐々にこちらに近づいてきます。

D500-1426.jpg

ちょ~っと高い場所でしたが、ようやくアカゲラを見る事が出来ました。

ここからアカゲラ休憩所の前を通ってミソサザイの沢へ降りていきます。

すると、すぐにミソサザイの囀りが聞こえてきました。

D500-1427.jpg

ここでは安定してミソサザイを見る事が出来ます。

ある程度撮影して移動し、まだ撮れていない鳥を探していきました。

オオルリ、クロツグミ、ノジコ、この辺りが撮りたいので重点的に探すのですが

オオルリの声が遠くで聞こえてくるのみです。

やはり鳥の"出"そのものは朝の方がいいようなので

とりあえずここはキビタキ狙いにシフト、前回濃かった場所へ移動しました。

着いたら、いきなりブンブン音を出して怒っているキビタキを発見。

主に2羽で争っていますが、どうももう1羽絡んでる模様。

大抵は数分も見ていると終わるのですが、この時はず~っとやってました。

D500-1428.jpg

ようやく追い払って、やれやれといった所でしょうか?

ちょっとペンギンみたいですね。

この頃から雲が多くなってきて、暗くなってきました。

ここで再びドングリ池方面へ移動です。

D500-1429.jpg

ドングリ池近くの水場では、ちょうどキビタキが水浴び中でした。

すぐにヒガラもやってきたので水浴びが終わるのを待ってから移動。

ドングリ池の横を通りすぎたところで視界の端に入ったものがありました。

D500-1430.jpg

軽井沢町の花、サクラソウです。

ここで咲いているのは初めて見ました。

やはり今年は暖かいのですね、開花が早いです。

さて、先へ進みま……っと、遊歩道に鳥がいるではないですか。

オスのコルリです。

そのままチョコチョコ歩いて水路の方へ降りていきました。

D500-1431.jpg

ここを縄張りにしているのか、だとしたら前々回、そして今回最初に見たコルリと同じ個体かもしれません。

D500-1432.jpg

餌を探しながら、こちらに近づいたり、また離れたりと忙しい。

D500-1433.jpg

かと思ったら、この場所に暫く留まってみたり。

たっぷり撮らせてもらったところで向かいの斜面へ飛んでいきました。

じゃあ、帰ろうかなと歩きだしたら10mほど先にメスが。

D500-1434.jpg

先ほどのオスの相方なのでしょう。

この子がまたノンビリ屋さんで、人が2mぐらいまで寄っても逃げません。

ようやく飛んだと思ったら、すぐ横の低木にとまって離れていきません。

暗いのでうまく撮れませんでしたが、こんな事もあるんですねぇ。

コルリはたっぷり撮れて満足しましたが、まだオオルリが撮れません。

撮れるまで頑張ります。

  1. 2018/05/08(火) 21:30:20|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

5/2 オオルリは何処?(丸山林道)

軽井沢ではオオルリが撮れなかったので、秩父へ行ってみました。

天気もあまり良くないし前日の疲れも残ってるし、というわけで県民の森へは入らず

丸山林道を車で移動しながら鳥を探して、ピンポイントで仕留めようという作戦です。

そんなズルをしてバチが当たったのかオオルリの声が聞こえてきません。

幸いキビタキはそこかしこで囀っているので、まずはキビタキ狙いに変更です。

ちょうど車をとめても問題なさそうな所でキビタキの囀りを確認。

一脚にカメラをセットして撮影開始です。

D500-1417.jpg

木の隙間にその姿を捉えました。

D500-1418.jpg

所々に茶色の羽が残る若い雄です。

D500-1419.jpg

声も大きく、力強さを感じます。

D500-1420.jpg

テリトリーに侵入者が!威嚇音を出しながら睨みつけていました。

無事に侵入者を追い払ったと思ったら……。

D500-1421.jpg

ホッとしてお腹が減っちゃったかな?

だいぶ撮らせてもらったので、この辺で切り上げて移動します。

狩場坂峠まで戻りましたがオオルリの声は聞こえてきません。

ここで折り返し、県民の森Pを過ぎて分岐まで行きますが、やはりダメ。

思い切って芦ヶ久保駅方向へ下っていくことにしました。

するとキャンプ場を過ぎた辺りでオオルリの囀りを確認!

囀っているであろう木のてっぺんが見える場所を探していると

ヒヨドリが飛んできてオオルリを追い払ってしまいました。

失意のまま分岐まで下りましたが、どうしても諦められずUターン。

再び県民の森方向へ登っていきます。

すると分岐の辺りでオオルリの囀りが聞こえてきました。

ちょっと遠くですが、ヒノキの梢にオオルリの姿を発見。

手前の木に移動してきた僅かなチャンスに数カットだけ撮れました。

D500-1422.jpg

背景が明るく真っ黒にしか撮れなかったのが残念です。

次回こそオオルリの青い姿を撮りたいですね。

  1. 2018/05/03(木) 15:43:52|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

5/1 夏鳥第二弾(軽井沢野鳥の森)

本当はGW前に行きたかったのですが、天候には勝てません。

仕方なくGW期間中の平日に、そしていつもより早い時間に行ってみました。

……が、現地について愕然、車がズラっととまってます。

やれやれ、皆考えることは同じですね。

これでは水路沿いはダメでしょう、仕方なく真ん中のルートを選びました。

さすがに鳥の声は多く、カラたちは当然、キビタキ、サンショウクイ、コルリの声も聞こえてきます。

ただ、高い。

まだ来たばかりで神経質なのか、たくさんの人に警戒しているのか

どの鳥も総じて高い位置にいて降りて来ません。

これでは撮れないので、少し進んだところで様子を見る事にしました。

ゴジュウカラとコルリは少し離れたところで囀っていて、ちょっと無理そう。

ここはキビタキ狙いです。

近くで2羽は囀っているのですが、まったく下に降りてくる気配がありません。

しかし、何やら下の方で動くものが。

ちょっと遠かったのですが、キビタキの雌を確認できました。

そして先ほどから気になっていたセンダイムシクイ。

けっこう近くで鳴いているようなんですが……いた、思ったより遠い。

それでも、珍しく下の方へ降りて来ました。

D500-1411.jpg

ラッキーにも日の当たる場所に出てきてくれました。

キビタキの方は諦めて先へと進むと、キビタキ休憩所近くでコルリが囀っています。

ただ、ちょっと遠い感じで姿も確認できません。

少しだけ探して移動しました。

分岐を曲がりトンボ池方面へ。

特に成果なく下まで降りて、今度はミソサザイの沢へ行きました。

沢の入り口付近でオオルリが鳴いていますが、高すぎてパス。

沢沿いに歩いていくとミソサザイが囀りながら迎えてくれました。

D500-1412.jpg

巣作りの最中だったようで、巣材の苔を咥えていますね。

邪魔をしないように早々に退散しました。

鳥の気配が薄いのでどんどん進み、アカゲラ休憩所の前を通って再びトンボ池方面へ。

やはり人が多く、特にこれといった成果がありません。

最初と同じく中央のルートをあがりキビタキ休憩所方面へ歩いていきます。

分岐まで進みましたが、人が少ない場所で粘った方がいいかと思い戻ることに。

階段を下りていくと、すぐ近くでコルリが鳴きました。

動いた瞬間に鳴かれたので、慌ててストップ。

その場で座って様子を伺っていると、やや離れた所で囀りました。

少し距離を詰めて姿を探していると……飛んだ。

左手から通路反対の右手へ移動していきます。

ちょっと遠いのですが、見通しのきく位置で囀りはじめました。

D500-1413.jpg

光線的には最悪ですが、こればかりは仕方がありません。

ひとしきり囀って地面へ降りたところで見失いました。

次はキビタキだなと、さっき2羽いた辺りへ。

まだ同じ場所で囀っていたので、ここでチャンスを待ちます。

なわばりに他のオスが入り込んだようで、バトル勃発!

おかげで少し低い所に降りて来ました。

D500-1414.jpg

まだ若いオスですね、相手を睨みつけて怒ってます。

さて、再びミソサザイの沢へ。

ここで足元にミソサザイが出てきたので撮っていると、尾根から鳥が降りて来ました。

どんどんこちらへやってきます。

あ、鳴きました。

「焼酎一杯ぐい~」 (実際は「チヨチヨビー」の方が近い)

D500-1415.jpg

なんとセンダイムシクイでした。

これまで全く撮れなかったのに、2回もチャンスがやってくるとは。

この後、小瀬林道へ降りていくとキビタキがいました。

D500-1416.jpg

こちらもバトル中で怒ってますね。

最後に水路沿いにドングリ池方面へ行ってみましたが、遠くにサンショウクイとオオルリを見て終了です。

やはりGW明けじゃないとダメかな。




  1. 2018/05/02(水) 22:04:50|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

| ホーム | 次のページ